仙台インターネット推進研究会

ようこそ私たちのウェブサイトへ

文字サイズ:標準 //

プロジェクト

プロジェクト

仙台モデル

仙台モデル

仙台インターネット推進研究会は、新しいビジネスモデルの創造として「仙台モデル」を提唱しています。

仙台モデルとは

仙台モデルとは

これまでのビジネス創造は企業が中心でしたが、ユーザーニーズはユーザーが良く知っていることから、ユーザー自ら欲しいと思うもの、便利と思うコンテンツやサービスを企画しようというのが「仙台モデル」のコンセプトです。
また、利益をはじめから求めないことから企業が参入に躊躇しているカテゴリでも挑戦するが可能です。
そして何よりも、仲間と自由に創造する喜びと感動が味わえます。

  • 利害関係のない個人が集まり、これまでにないサービスや商品を作ってみる。
  • 企画が得意な人、技術を発揮したい人が各自のスキルを提供する。
  • 仲間を増やしながら、その創造の過程を楽しむ。
  • 完成の喜びと、利用者からの反応をプロジェクトメンバー全員でシェアする。
  • ビジネスとして卒業する。

仙台モデルのポリシー

仙台モデルのポリシー
  • 自分達が求めるサービスを創造する。
  • 誰もやっていないことをやる。
  • 有言実行。
  • 私利私欲はタブー。
  • 仲間とゴールをシェアする。

自分達が求めるサービスを創造する

自分達が求めるサービスを創造する

ユーザーはテクノロジーや理論を求めているわけではありません。「楽しめて、便利で、役に立つ」サービスを求めています。自分が求めるサービスであれば他の人にとっても喜ばれるに違いありません。

誰もやっていないことをやる

誰もやっていないことをやる

いつの時代もパイオニアは大変な労力が必要です。すでにあるサービスの真似なら挑戦する意味はありません。

有言実行

有言実行

「自分の夢を話す=共鳴する=仲間がふえる」
ビジョンを語ることで動機付けができます。それに共鳴する業種も年齢も超えた研究員が集まり協力し合い、助け合ってあらゆる問題を解決し、早く夢を実現することができます。

私利私欲はタブー

私利私欲はタブー

私利私欲が優先では信頼は得られません。GIVE&GIVE(GIVE&TAKEではありません)の精神こそが良い仲間を得ることができます。

仲間とゴールをシェアする

仲間とゴールをシェアする

喜びは一人より多くの人と共有したほうがその何倍も大きい。
この喜びこそが仙台モデルのモチベーションです。対価では計り知れない喜びをシェアすることこそ、仙台モデルのモデルたるゆえんなのです。

以上のような過程を「仙台モデル」として提唱しています。
そして、仙台インターネット推進研究会が提唱する「仙台モデル」が、今後の日本のビジネス創造の新しいモデルとなることを目標としています。

仙台モデルから生まれたコンテンツ

仙台モデルから生まれたコンテンツ
める?くる!ブックナビ(開発期間2002年01月〜05月)
める?くる!(試験サービス1999年3月1日〜)
みやぎ(e)メールマガジン(1998年5月1日〜2000年4月)
クーポンオンライン(1997年12月1日〜2000年4月)
落顔(らくがお、1997年1月〜1998年1月)
仙台イエローページ(1996年8月1日〜)
期日指定電子メール配信代行サービス(1996年2月〜1997/08)

↑ページトップへ

お知らせ

インターネット安全教室

インターネット安全教室

インターネット安全教室
特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)の活動に賛同し、同協会が全国で開催する「インターネット安全教室」の宮城県地区を担当しています。
ウイルス感染、詐欺行為、プライバシー侵害などの情報犯罪に対する正しい理解を広め、初心者でも安全快適にインターネットを楽しめるようセミナーを行ないます。
インターネット安全教室の開催をご希望の各団体、法人、学校からのご連絡をお待ちしています。
日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)

インターネット美化運動2007(総務省)

インターネット美化運動2007(総務省)

インターネット美化運動2007
総務省の「インターネット美化運動2007」に賛同し、研究会ではセキュリティブースターとして参加しました。

事務局所在地

〒980-0014 宮城県
仙台市青葉区本町1-14-20
本町キクタビル2F
株式会社データウェイシステムズ内
株式会社データウェイシステム内
クリックで詳細な地図

HOME // セミナー // プロジェクト // 活動履歴 // 入会手続き // 私たちについて // コンタクト
page top