グラフィックボードのファンの音がうるさかったので改善

まだまだ現役のDELL Studio XPS 8100。

なんか、グラフィックボードのファンの音がうるさいのが気になりだした。一旦気になると毎日耳障りになる。
すでに8年位は使っているので、グラフィックボードの買い替えか?なんて思っていたけど、ファンの音以外はとても調子がいいマシンなんだ。

そこで、ファンの回転数の設定を変えればいいからその設定をしたというわけ。
AMD Catalyst Control Centerからファンの設定を見たら63%の設定になっていた。これでも、うるさいので、50%に変更。今は静かです。

AMD Radeon HD 5700 Seriesと言うボードらしいんだけど、まだまだ現役で頑張ってもうつもり。

Leave a Comment

AndroidスマホからiPhoneに変えられない理由

2019年8月までAndroidとiPhoneの2台持ちだったんだけど、9月になり2年縛りが終了したのでさっさとiPhoneを解約したんだ。

スマホを持っているユーザーはほとんどがiPhoneでAndroidユーザーは3割位しかないかもしれない、僕の周りではこんなイメージ。
解約したiPhoneではWiFiが使えるのでそのままiTunesプレーヤーとして使い続けているんだ。アプリもWiFi圏内なら使えるので不便はまったくない。

で、通話も含めてメインはAndroidなんだけど、最近バッテリーが一日しか持たなくなってきた。これではまるでAppleWatch状態。
そこで、MacユーザーでもあるのでiPhoneに変えようかと考えたんだけど、どうしても機種変更できない理由があるんだ。

それは、GooglePay。

電子決済ではないんだ。電子決算ならAndroidだってiPhoneだって同じ条件。でも、このGooglePayのパス機能が便利すぎるんだ。
パス機能とは、お店の会員証が登録できる機能。
バーコードがついてるお店の会員証ならすべて登録できる。GooglePayに手元の会員証のバーコードをスキャンさせるだけ。登録されているオフィシャルなお店(チェーン店など)は登録と同時にデザインもそのお店のものに自動で変わる。オフィシャルでない会員証でも、バーコードを読ませた後にお店の名前を入力するだけでOK。
これで、お店の会員証で財布が膨れる心配は皆無になった。なんて便利な機能!
iPhoneならいちいちアプリをダウンロードして会員証のバーコードをスキャンして登録しなければならない。

さらにこれだけだったらAndroidもiPhoneも変わらないけど、AndroidのGooglePayの凄いところは、そのお店に近づくと自動で会員証が通知として表示されること。例えば、ドトールでコーヒーを飲もうとドトールに入るとスマホの待受にドドールの会員証バーコード(僕はチャージ式のバリューカード)が表示されていて、レジでいちいちアプリを開く必要が無いんだ。
ローソンに行けばPontaカードが、マクドナルドに行くと楽天ポイントが、イケアに行くとイケアのファミリーカードが表示されている。

な、なんて便利!

この機能がiPhoneのウォレットにあるかと友人に尋ねるとわからないと言う。クレジットカードを登録して電子決済できる、って言ううけど、そんなのAndroidだって普通すぎる。
auのスタッフに聴いたらやっぱしこのような機能は無くて、お店ごとのアプリをダウンロードして、お店でそのアプリを起動して会員カードを表示させるらしい。
それじゃ、アプリのない小さなお店なら登録できないじゃん。それで、いちいちレジ前でアプリを起動だなんて、正直めんどくさい。
まあ、会員証(ポイントカード)を一括管理するアプリがiPhoneにはサードパーティであるらしいけど、オフィシャルアプリで無いから気持ちわるい。

このGooglePayのパスカード機能があるのでiPhoneには乗り換えられない。
しかも、僕のAndroidはNEXUSの5Xと言う、もう昔の機種。Androidのバージョンは8で止まってます。

でも、バッテリーが….。

Leave a Comment

GyazMailキター!

随分待たされた感があります。
ついにGyazMailが64ビットに対応して、無事にインストールできました。

MacOSがMojaveになってから、このOSに対応したGyazMailは32ビット版しか無くて、そう、時々Macから「64ビットには対応していませんよ〜」なんて言うメッセージが表示されてました。

このまま、64ビット版が提供されないようでしたら、メーラーをSPARKに変えようかと「GyazMail」「MacMail」「SPARK」の三つ巴でメールしていました。SPARKの評判が良いようで使っていく内に慣れもあり使いやすく感じられた頃でした。
GyazMailの64ビット版が出なくてこのままフェードアウトするんだったら、いっそSPARKに乗り換えようと思っていたまさにその時、GyazMailの1,6版がダウンロードできるとメッセージが。
やっぱり、フォルダの作成とフィルタリングは慣れ親しんだGyazMailが使いやすく慣れてしまっている。

これだけ待たされたから、MacOSのダークモードに対応しているかと思ったけど、それは未対応のようでした。

Comments (2)

2019定禅寺ストリートジャズフェスティバル

今年も行ってきました!ジャズフェス。日経新聞によると、全国数々ある街なかで行われる音楽イベントで堂々の一位を獲得。納得です!
ステージが沢山あって、目星をつけて回るしかありません。今年は、初日はロックとソウルを中心に、二日目はジャズとフュージョンになりました。ちょうど、毎年追っているグループが運良く別れて、ステージのハシゴをしても観れる。ラッキー!もちろん、知り合い3組の応援にも駆けつけました。

初日の目標は「アポロチョコシアター」「うまかぼう」「アースウィンド&ギャング」の3組がメイン。

「アポロチョコシアター」は演奏が上手い上にエンターテイメントで楽しめて毎年盛り上がる。このまま、このステージパターンは続けてくれ!毎年同じだから、こっちもノリノリになる。もう最高の奴らだぜ。

「うまかぼう」は完全にトリビュートでシビレル。昨年と一昨年はクイーン、その前はKISSとグランド・ファンク・レイルロード。で、今年は、お決まりのKISS!(待ってました!)もう、最高のステージだ。本物の仙台公演のチケットもゲットした!その予行練習だー!

「アースウィンド&ギャング」は毎年ディスコ大会!!学生の時、お金が無くて貧乏学生だったのでディスコには行きたくても行けなかった!!その思いが数十年を経て大爆発です!

翌二日目は、角松敏生のコピーバンド「シーホース」。ちょっと距離が離れた会場だったけど、バスと電車を乗り継いで間に合いました。角松敏生コピーを名乗るだけあってよかった。来年も探して行きたいと思います。

その後は、大好きなジャズのグループをメインにして色々なステージを回ってました。

炎天下で気温も30度くらいで暑かった!歩いた距離も相当なので、普段運動しないから足がつって、翌日は筋肉痛になってしましました。

僕にとって、ジャズフェスが終わると夏が終わりになります。来年また楽しませてくれ!

Leave a Comment

台風情報と同じものをネットでも見れないか

今日、西日本を襲っている台風の情報が一日中放送されていたんだ。

数年前か台風情報や災害情報の詳しい画像を観ることができて、詳細な情報から自分の取るべき行動を考えるようになったんだ。東日本大震災以降、自分の身は自分で守る、そのため、より詳しく、わかりやすい情報を提供するという国や行政、メディアの意図が見れると思うんだ。

その中で、台風の風の情報はこれまでに無い方法で視覚化されている。
降水量は積算の棒グラフで表すことができるけど、風の方向と強さを分かりやすく伝えるために、風の方向の矢印と、その矢印を風速を伝えるために風が吹く方向に伸ばしてみる。早く伸びるほど風速は早く、ゆっくりだと風速は遅い。また、風速が早いほど矢印が長い。
これで、方向と風の強さがわかるから台風の風の向きがわかりやすいんだ。

そこで、台風以外の普段の風の向きや強さがわかったら役に建つかもしれないと考えて、テレビと同じようなサービスがネットで無いかと探してみたら、ありました。
それがこちらのサイトで紹介されています。

3時間毎の地球上の風の動き・天気・海の状況をアニメ表示!台風対策にも (無料)

ここからリンクされているサイトを見ると、テレビの台風情報で見れる風の方向と強さが全地球規模で観ることができるんだ。

ただ眺めるだけでも、面白い。

Leave a Comment

久しぶりに興味の持てる(懐かしい)情報サイトを見つけたよ

Wikipediaのサイトに乗っていた「UVB-76」
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/UVB-76

このサイトみ見て、昔の思い出が蘇った。

昔、まだインターネットができるはるか数十年の昔、短波放送を聞く「BCL」と言うのが流行ったんだ。
僕も、自宅に居ながら世界中から届く電波に興奮したものだ。洋楽が好きになったのは、地方に住んでいたので短波で届くFENの洋楽がかっこいいと思ったのがきっかけ。

そして、短波放送を聞き初めてすぐに面白い電波と放送があることに気がついた。

一つは電波自体がモールス信号化されているもの。
電波の強弱がモールス信号になっているんだ。

2つ目は、何語かはわからないが何かを棒読みしている音声。日本語だと「いち、にい、さん」と言うリズムに近い。女性が韓国語で読み上げていると感じた。

3つ目は、音声放送と同じ周波数に雑音電波を発信して妨害している放送。

モールス信号と単語棒読みの放送は、暗号を放送しているらしい。放送しているのは国家で世界中にいるスパイに向けて暗号を送っていると言う。この噂はほんとうだと思う。情報を伝える手段とし当時は最適。それ以外に放送する意味が見当たらない。

3つ目の妨害放送は、対時している国が相手国に向かって政治放送してる内容を自国民に聞かれないように妨害電波を出しているということなんだ。これも、雑音電波の中に薄く韓国語らしい言葉が聞き取れた。

まだ、コンピューターもネットも無かった時代だから、ラジオ電波(短波放送は条件が整えば世界中に届く)でこうした、スパイたちに司令や、あるいはスパイから報告の電波が出されていたのかも。

今でも、短波ラジオでダイヤルを回すと昔と変わらないことに気がつく。コンピューターとネットの時代なのに。
今なら、ダークウェブサイトで暗号化と圧縮された司令ファイルをDLして見ているんだろうね。まさか、暗号化されているとは言え、一般のメールでスパイへの司令を出すマヌケな国家は居ないと思う。で、その復号キーに電波をつかって「いち、はち、さん、…」なんて放送しているかもしれないね。

映画「スパイ大作戦」みたいなスマートな世界では無いと思うよ。もっと、原始的でかっこ悪いけど確実に暗号を遅れる手法を使っているはず。

で、冒頭の「UVB-76」は、放送設備故障していないこと=電波が発射されていることを確認するだけのブザー音声放送でないかと思っているんだ。
しかし、なんのため?それは、冷戦時代に、相手国から攻撃を受けたときのバックアップ放送設備。都市からはるか遠くの人里離れた場所に作って、マイクから電波発射まで機能しているか確認するためのものでは無いかな?
仮に有事になった場合、PCやネットなんて使えなくなるし、ラジオさえあれば情報はどこででも聞けるから。

真相は闇の中だけど、昔、想像してワクワクした想いが蘇ったんだ。スパイ映画を実体験している感覚。

そして、現在も「エニグマ2000」と言うこうした怪電波をウォッチャーしてる団体も居るというのが興味深いです。
こうしてみると、スパイ映画のネタはいっぱいあるね。

なお、長波電波でNHKのラジオ放送も受信できていました。日本の潜水艦に向かって放送しているらしい。波長の長い長波は水中にも届くらしいから。

Leave a Comment

MacBook~こんな名機を捨てるなんて!

僕のMacBook2015。
Appleのオフィシャルサイトから消えて、もう発売れないらしい。
MacBook Airになるんだとか。
そりゃ、金額的にAirも素のMacBookも同じなので、ユーザーのチョイスはAirになるだろうとの判断だと思うんだけど。

でも、MacBook12インチは名機です。
なんといっても、この大きさが持ち運びにはちょうどいいんです。バッテリーだって日中は何でもありません。モバイルで一日中使えます。
ディスプレイもレテイナです!綺麗です!

僕だって、以前は13インチのMacBookを使っていました。

でも、やっぱりこの12インチの大きさが良いんです。

どうしてこの12インチを捨てるんだろう。

どうせなら、Airは12チンチ、MacBookProは13インチとカテゴリを分けてくれれば。

僕は、OSが非対応となってもしばらくはこのMacBook2015を使い続けるでしょう。

Leave a Comment

なんだそりゃ!そうだったのか!

僕のDELL Studio XPS8100が最新マシンだった頃、USBはまだ2.0でした。
先日、3.0の拡張ボードをいれて、外付けバックアップHDDの転送スピードを見たら2.0と変わらない。もちろんHDDは3.0対応。

おかしいな~って、Windowsの設定ーその他のデバイスでHDDをみたら3.0にするとスピードが早くなるようなメッセージが表示されていたんだ。やっぱり2.0しか繋がっていない。

そこで気がついた。ケーブルんぽUSBプラブの色が白だったことに。白のUSBケーブルは2.0規格。原因はこれか!
さっそく、3.0対応のUSBはケーブルにつなぎ直したら、無事に「USB3.0に接続されています」と表示されました。

自分に情けない。

Leave a Comment

Windows10 May 2019 Update 1903を入れたら調子が悪くなったーネット繋がらない

このブログを見に来ているということは、きっと僕と同じ不具合が発生しているのでしょう。

6月25日(火)にWindows10 May 2019 Update 1903が配信されたので、Updateしたのは直前のブログに書いた通り。
その後、調子よく使っていたんだけど、30日(日)に.NETとAdobe Flash関連のWin10がUpdateされたときから調子が悪くなった!

そして、今日はとうとうインターネットにつながらない現象が幾度なく再現。その度にネットワークのトラブルシューティングを行うも改善しない。
そこで、Windows10の更新を行ったら.NETとWin10の累積更新が立て続けにあった。更新プログラムがなくなるまで手動で更新チェックを行い、結果Win10 KB4501375がインストールされた。

しかし、これでもインターネットが3分ほどで切れる。iTunensの曲をプレビューすると「インターネットアクセスなし」になる。

そこで「ネットワークのリセット」を行ったら、無事に直りました。その方法はこうです。

スタートメニューからWindowsの設定「歯車アイコン」ー「ネットワークとインターネット」で状態が表示されたらスクロールして一番下にある「ネットワークのリセット」ー「今すぐリセット」をクリックする。
注意のメッセージが出るがそのままリセットを行う。PCが再起動されるらしいけど、しないので、手動で再起動を行う。

OSの起動時には自動でネットワークの設定を行ってくれるようで、何にもしなくてもインターネットに繋がりました。
これでインターネットが切れることはなくなりました。

でも、大型VersionUpの度に何かしらの不具合が発生する。Windows10にはいい加減にしてほしい!

Leave a Comment

Windows10 May 2019 Update 1903を入れたら調子が悪くなった

僕のDELL studio XPS8100にもWindows10 May 2019 1903が配布されVerUpのお知らせが届いたんだ。
初期のバグもフィイックスされているとのネット情報で、安心してUpdateを開始。

予習していたとおり、大型Updateで、OSの再インストールにも近いくらいの書き換えを行っている様子。少しづつ書き換えを行っては再起動の繰り返し。まるで、Windows7から10にしたときと同じ工程のようだ。時間にしてたっぶり2時間はかかったと思う。
その間、外出していたので、戻ってみたら再起動されていたんだ。

ひと目見て変わったところは、ログイン画面が壁紙になった。以前は指定した「背景の色」だったけど、壁紙のボケになった。シャットダウン時にはブルーバックに。一瞬エラーかと思ったよ。

それで、肝心の体感なんだけど、ログインまでの起動時間が遅くなったような?
一度、ログイン画面に進まず固まってしまった。マウスカーソルは動くけど、キーボードは受け付けない様子で、結局電源ボタンで強制終了。
そして、先程、YouTubeを見ていたらネットが切れて「Npcap LoopBack Adapter」に変わっていた。
一瞬乗っ取られたかと不安を感じたけど、そもそもLoopBackって標準の機能らしい。
ネットでは削除しても良いらしいんだけど「無効」にしておいた。一応Pingも返すしこれでいいかな。

と、まぁ、いろいろ調子が悪いけど最適化されれば戻るかな?って思っているところなんだ。

Leave a Comment

ある日突然FireFoxのアドオンがすべて無効に

5月4日のよるにFirefoxを使っていたら、突然アドオンが無効になったメッセージがブラウザ内のアラートとして表示された。
その直前、メニューバーの表示がリセットされたような再表示が起こったので「あれ?」って。
ちょうどおかしな挙動を目撃したんだけど、アドオンを確認したら全てが無効になっていたんだ。

そこで、最新のバージョンを確認したら今使っているのが最新バージョンなんだって。

おかしいな~って、その日は原因追求をやめてネットで情報が見つかるのを待つことに。

翌日、この不具合について情報がありました。
https://japanese.engadget.com/2019/05/04/firefox

ここで紹介されている方法で無事に解決しました。
今日改めて確認したら、FireFoxもフィックスしたバージョンを公開している。
早速使っているバージョンを確認したら、DLが終わっていた。再起動しよう。

Leave a Comment

Windows10になってからわからないこと

え~っと、Windows10のバックアップの方法には、次の2つの方法があることがわかったんだ。

1.スタートメニューー設定ーバックアップオプション
2.コントールパネルーシステムとセキュリティーバックアップと復元

で、バックアップはどちらを使えばいいの?どっちも使っていいの?って疑問。
Windows7までのバックアップ方法は上記の2の方法しかなかった。
なぜ2つもバックアップ方法があるのか?

ネットで調べても明確な答えを見つけられなかった。

ネットでの情報を見て推察した結論はこうだ。

1)の方法は復元ポイントを含んだ丸々バックアップ
2)の方法は更新ファイルのみのバックアップ

つまり、バックアップは両方必要だと思う。
これが正しいのかはわからないが、Windows10のUIによるバックアップの設定とWindows7まんまのUIによるバックアップの設定と全く違うUIと合わせて2つもあり、紛らわしい。
どっちかに統一したらどうだ!
なんでWindows7時代のUIがあるのか、理由がわからない。

Appleだったら、こんなオンボロなUIはリリースしないだろう!

Leave a Comment

そしてUSB3.0インターフェースボードを追加したけど

ポチッとオンラインで購入したUSB3.0のインターフェースボードとSATA電源ケーブルが届きました。
早速、近くの電気屋さんへ行きマザーボードのボタン電池CR2032を購入、これで準備が完了です。

ケースを開けて、ボタン電池を交換し、電源ケーブルの延長をつなぎ、片方をUSBボードへつなぎます。
これをマザーボードに刺すんだけど、うまく入らないのでちょっとコツが。

うまく入ったら、ケースを戻し、ケーブル類を接続し電源ケーブを最後につなぎます。

電源を入れたら、当然BIOSのセットアップへ行くかこのまま起動するかのメニューが出ました。
で、BIOSの設定へ進むと、日付が2010年に戻っています。

ここで、改めて気が付きました。このDell Studio XPS 8100を購入したのは、東日本大震災前の2010年だったな。BIOSも当時の工場出荷に戻ったんだね。PCの進化は毎年新しいスペックが発表されるけど、人間で言うとたった9年前。
当時Windows7Proで購入したんだけど、先月、やっとWindows10Proへ移行したんだ。

でも、このPCのスペックでもWindows10Proは快適に動いているよ。
ただ、USBポートは2.0まで。
この先も末永く使い続けるつもりだからUSB3.0のインターフェースボードを購入したのだ。

早速、外付けHDDへWindowsのバックアップを取ってその転送速度をタスクマネージャーで確認してみると、書き込みが32MBsくらいだ。

そう、この値は2.0と同等なもの、なぜならHDDがUSB2.0だった!!!!
USB3.0の外付けHDDはMacに使っているから、気が向いたら交換して再確認しよう!

いつUSB3.0の便利さを体験できるんだろうか?
僕のPCは

Leave a Comment

CMOS check sum error

2019年でもWindows7からWindows10へのバージョンアップに成功した僕のデスクトップPCはすごく良好です。

ただ一つ、ダブルモニタにしているためか、ビデオボードのファンの音がうるさいのに気がついた。以前は気にならなかったんだけど、Macの静かな環境になれたせいか少々気になる。

お金がないからファンの可動部に潤滑剤でもスプレーしようかと分解したけど、ビデオボードのカバーに阻まれスプレーできなかった。
仕方なくボードを戻して、ケースを閉めてケーブル類を接続し、最後に電源ケーブルを入れたら….

電源が勝手に入り、ディスプレイには「CMOS check sum error」が出ているではないか。
ふと見ると、F1がそのまま続けるとありF2でセットアップになるようだ。

で、F1で続けたところ、HDDからWindowsが起動しない…カーソルが点滅したまま。
万度も電源ケーブルを抜いて試したけど、 CMOS check sum errorの表示に戻らず少々焦った。
原因は内蔵のボタン電池切れらしい。電池交換は後日行うとして、今、OSを起動したいんだが。

よく観察してみると、DELLのロゴマークが出たあと、BIOSは読み込んでいてドライブはHDDは認識しているっぽい。
そこで、起動ドライブの設定と検討をつけたら、あたりだった。

DELLのロゴマーク中にF2を押してBIOSメニューに入ったところ、起動ドライブがCDドライブになっていた。
これを、HDDにしてEnterで無事に起動できました。

ついでに、USB3.0内蔵ボードと電源ケーブルをネットで購入しておきました。

Leave a Comment

学校教育現場にタブレット導入に疑問です

先日、ニュースを見ていたら、学校教育にタブレット端末を利用している学校が紹介されていました。しかも小学校。
聞けば、今後、こうした公立小学校にはタブレットで学習することを政府が勧めているらしい。
その意図は、効率的な勉強指導だそうです。それと、問題を解く力を高めるのだとか。

でも、ITのか変わる者として言わせて欲しいんだけど、小学校ではまったくもって早すぎると思おうな。
小学校は、紙と鉛筆を使って書きながら覚えたほうが勉強になると思う。
書くことは、その前に、考えること。そして、書いているうちに考えがまとまるということ。
小学校ではこれがとても大事だと思うんだ。

小学校でIT端末を導入したって、覚えるのは教科ではなくて、IT端末の使い方レベルでしょう。

IT端末で勉強するのは高校からでいい。

Leave a Comment

職場のITセキュリティポリシーの変更で

先日、職場のITセキュリティポリシーの変更を行った。

これまでは、クライアント単位にセキュリティを設定していたので、数が多くなり管理が面倒になってきたのがきっかけ。
それに、一つ変えるだけで同じことを関連する台数分設定しなくちゃならない。

前任者から引き継いだセキュリティポリシーなんだけど、もっと効率よく管理したいからね。

セキュリティ管理ソフトがあるおかげで、想像より簡単に設定できることが判明。そこで、IPアドレスごとに抽出してグループ分けを行い、ポリシーの設定を行う。

しかし、翌日、ある部署からメモリカードにアクセス出来ないと連絡が。マニュアルを探して見るが、やりたいことが書いているページが見つからない。
急いでデータを取り出したいと言うことで、サポート契約している地元のITベンダーのSEさんへヘルプ。ある程度までは進んだけど、その先は管理ソフトのベンダのヘルプデスクへ問い合わせることになった。

数時間にもおよび、エラーは解決したが、以前のセキュリティポリシーに少し穴があったと言うことがわかって、結果セキュリティのレベルが上ることになり良かった。
前任者は、セキュリティには詳しくないらしく、簡単な設定のまま使われていたようだ。

零細企業ながら数十台規模のクライアントPCの面倒を見なくちゃならないから、これからも、更にセキュリティを上げていこうと思う。

Leave a Comment

猿の惑星が現実に!

先に、中国の研究発表でクローン人間に成功したと言うニュースが世界中から避難を浴びたばかりなのに、またまた中国が問題を起こした。

今度は、猿のDNAを編集して人間の脳の発育に関するDNAを植え付けたんだと。
中国の研究意図は、人間への脳移植と言うことになっているが、その前に、人間の知恵をつけた猿が反乱を起こすに違いない。

つまり、このまま最悪の場合、地球上がSF映画「猿の惑星」に変わってしまうと言うこと。

もちろん、世界中から非難されて当然でしょう!
僕は恐ろしい!

CNN:サルの脳に人間の遺伝子、中国の研究者が移植実験 批判も

Leave a Comment

Windows7Pro(64bit)からWindows10Pro(64Bit)へバージョンアップ

おおよそ9年前に購入したデスクトップPCのDELL Studio XPS8100。当時からWindows7Proを使い続けていたんだけど、このOSのサポートも来年2020年1月で終了すると言うことなので、いよいよWindows10へバージョンを上げることにしたんだ。

しかし、マイクロソフトの公式な無償バージョンアップ期間はとうに終了している。
ネットで調べたら、マイクロソフトのページからツールをダウンロードしてWindows10へのバージョンアップが無償で可能だとわかった。それを知ったのが、2019年1月でWindows7のサポート終了のアナウンスが頻繁に出るようになってから。

でも、すぐにやるのには躊躇したんだ。
無料期間中でも、Windows10へバージョンアップして失敗したとか、結構ブログに挙げられていて、なおかつ、このDELL Studio XPS8100はDELLのオフィシャルなサイトではWindows10対応機種からは漏れていたんだ。
オフィシャルには未確認機種とされていたから、アップデート失敗の事例と合わせると、ビビってしまった。

その後、利用には問題なかったので放置していたんだけど、マイクロソフトのサポートが切れるとあっては心配に変わってしまって、バージョンアップを決意したと言うわけ。
ごく最近のバージョンアップの成功事例もネットで出ているので、それらを大いに参考にさせていただきました。

ちょうど、時間に余裕があって、気分も落ち着いたこの時期がいいタイミングと思って決行したんだ。

まず、数日前から、データーのバックアップ。これにはWindows7のイメージも一緒に外付けHDDへ保存。
失敗したとき、一番困るのがiTunesのデータ。

バージョンアップ作業の前に、ミラーリング(RAID1)している片方のHDDを切り離し。何か問題が発生しWindows7の戻るときはこれですぐに戻せるから。
他にも、メールアカウントをノートのメーラーに作ってメールはいつでもでいる環境に。
マイクロソフトのWindows10へのツールにてクリーンインストール用のDVDとUSBメモリを作成。
WindowsのプロダクトIDとプロダクトキーをメモ、更にOffice2007のプロダクトキーもメモ。
ここまでの準備に週末を使って約1ヶ月。
他に沢山のフリーソフトとかパッケージソフトとかあったけど、捨てる覚悟で。

いよいよ、マイクロソフトのページからWindows10へのバージョンアップツールのダウンロードからはじめたんだ。
実は、クリーンインストール用にDVDとUSBメモリを作ったときにすでにDLしていたので、改めてDLLする必要はなかったんだけどね。
そのExeファイルを実行し、メッセージに従って「このPCへインストール」を選択。あとは、メッセージに従って進めるだけ。

開始から約1時間後に「Google日本語が互換性がありません」と表示されWindows10へは引き継げないことが判明し、「確認」ボタンで先に進む。
どうやら、数あるアプリの中でWindows10へ以降できないのはこれだけかと思うと正直ホットしたんだ。結構昔にインストールして今は使わなくなったアプリもあるのにそれらが移行できるのは驚きですね。

すぐに「インストールする準備ができました」と表示されインストールが始まりました。5分後にはロゴマーク田が表示され何回か再起動を繰り返して、Windows10の壁紙が表示されました。
このとき、何もメッセージがでなかったので心配になっていたけどHDDのアクセスランプが点滅しているので待っていたら再起動がかかりログイン画面になりました。

ログイン後は、Windows10の最初の時のメッセージが表示されてプライバシー設定を変えて先に進みます。
その後、「.Net Framework3.5」のインストールが必要と出ましたが、インストール途中でダウンロードが止まってしまいました。仕方ないので、ここではキャンセルで先に進みます。すると、「ネットワーク接続エラー」とメッセージが出ました。
仕方ないのでトラブルシューティングで自動回復したので先に進みます。

その後最後の再起動を行ってWindows10Pro64Bitへバージョンアップが完了しました。

すぐにGoogle日本語のインストールして、デフォルトブラウザをEdgeからFireFoxへ変更。
この間、再びインターネットに繋がらなくなってしまいました。事前に調べたネットでは、よくある症状のようで、とりあえずIPv6を使わないようにチェックマークを外してみたものの改善が見られなかったので、ネットワークデバイスのドライバーのバージョンアップを行ったところ、その後、LANは回復しています。
もう一つ、スピーカーから音ができません。僕のはUSBポートににSound Blastor Play!3というのを繋いで、そこにミニジャックでスピーカー接続しています。このドライバーもネットから探してインストールして回復しました。

ここまでで、おおよそ3時間30分でした。

心配していた大きなトラブルもなくすんなり移行できた感じです。
直後は最適化が動いていたようで、立ち上がりに時間がかかっていましたが、このブログを書いている翌日には早くなりました。それでもWindows7よりは遅い感じです。これからスタートアップなど不要ソフトを削除して軽くしていきます。

で、僕の使っているアプリケーションは次の通りですが、問題なく使えます。

Becky(メーラー)
MS-Office2007(ただし互換バージョン表示されます)
Adobe Photoshop CS5(Ilasutoratorもありますが使わないので未確認)
NetBeans8.2(総合エディタ)
iTunes
Canonプリンタドライバ
SuperAntiSpyware(セキュリティソフト)
Norton Antivirus
SugerSync(ファイル同期ソフト)
秀丸エディタ
他にもたくさんソフトが入っているんだけど、滅多に使わないから後日確認しておくことにしよう。

残る作業は、切り離したHDDを再びミラー化するだけです。

結論
2019年3月現在でも、Windows7からWindows10への無料バージョンアップは問題なく行えました。
OSのライセンスも承認されています。

Leave a Comment

楽天クラウドイノベーションラボ

楽天クラウドイノベーションラボのニュースを見て、これははやり楽天の三木谷会長の言う世界が来たと実感した。

そもそも、現在の音声のネットワーク回線は、全てデジタル化されている。そこに、流れるのはパケット(フレーム)と言うデータでしか無い。
と、いうことは、ルーター、スチッチ、サーバー群さえ揃えれば、音声通話もインターネットもすべて既存の汎用機でまかなえるという発送。

それを具現化したのが「楽天クラウドイノベーションラボ」
先日のプレスリリースから、三木谷会長がその優位性も納得できる。

一方、楽天以外のキャリアはデジタルのパケットを通信しているのだけれど、各ノードに設置されている機器は専用機器。ソフトウェアでバージョンアップをできるというものの、マシン自体が高額。
楽天は、それらの機器もPCサーバーのソフトウェアで具現化。
機器の不具合もサーバーPCの交換でOK。
5Gや次世代の6Gでさえも、ソフトウェアのバージョンアップで対応可能だ。
(最終の基地局は除く)

つまりは、コストが安いので通信料金に還元されるという。

第4のキャリアとして大いに期待する。

Leave a Comment

そろそろWindows10へバージョンアップする?

え~、僕のデスクトップはWindows7 Pro 64bit。そう、来年にはサポートが終了するらしい。
7のままで、まったく困ることはないんだけど、さすがに、サポートが終了するとなると辛い。
いずれ、7には対応しないアプリケーションも出てくるだろう。
そうなると、困る。

Windows10からは、Macと同じように最新のOSに無料でUpdateしてくれるから、今後困ることはないだろう。そう、セキュリティ的にも、ドライバー的にも。

そう考えると、ここでWinsdows7から10へのバージョンアップをしたほうが良いと考えた。

しかも、終わったはずのWindows10の無料ダウンロードが可能だ。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

これでDELLのデスクトップの寿命も伸ばせるなぁ。スペック的にはなんの問題も無いから。

でも、インストールに失敗したときのことを考えると慎重になっちゃうよ。
だからもしものことを考えて計画を立ててインストール作業に取り掛かろうと思う。

Leave a Comment

アップルストア仙台一番町店閉店

感慨深いものがあるね〜。

13年前なんだね、開店の前日に徹夜で並んで、オープンと同時にハイタッチで向かえられたのも、ひとむかし以上も前のコト。

それ以来、ちょくちょくお世話になっていました。

仙台店限定商品も未だに使っています。
なんといっても、オープン記念に頂いたTシャツ(Apple SENDAI)は13年経ってヨレヨレになってしまったけど、今では宝物になってしまいました。
これから、大切に着続けたいと思います。

スタッフの皆さん、お疲れ様でした。

Leave a Comment

いつからポートレートモードが使えるよになったの?

nexus5Xに他にも新しい機能が追加されていると思い、カメラを起動したら「レンズぼかし」と言うメニューを見つけました。

早速撮影してみたら、背景をぼかすiPhoneで言うところのポートレートモードでした。

凄いね、Googleの最新機種のPixelだけかと思っていたら、Nexus5Xと言う古い機種にも対応。
もう、Nexus5Xでいいじゃん!

Leave a Comment

いつからFaceIDになったの?

僕のAndroid、久しぶりにセキュティ関連をいじっていたら新しい機能が追加れていることを発見したんだ。
これまで、指紋認証だけだと思っていたら、新たに

持ち運び検知機能(移動中はロック解除)
信頼できる場所(特定の場所に来たらロック解除)
信頼できる端末(特定のデバイスに近づいたらロック解除)
VoiceMatch(OK Google)
承認済みの顔(顔認証)

が加わっている!
最後の「承認済みの顔」っていうのはiPhoneのFaceIDと全く同じ。早速自分の顔を登録しました。

いつからこの機能が加わったの?

ちなみに僕のAndroidはVer8.1.0で、機種はNexus5Xです。
結構古い機種だけど、もう、これでいいじゃん!

Leave a Comment

アップルストア仙台一番町店の閉店

寂しいですね〜。アップルストア仙台一番町店が2019年1月25日20時を持って閉店するそうです。

思い起こせば、開店当時、徹夜で並びました!記念に頂いたTシャツ(アップルのロゴにSENDAIと)は未だに着ています。
その後は、iPodの発売にも並んで記念品のイエローのTシャツをゲットしたり、仙台七夕の時に限定品のiPod miniのクリアケースを購入したり。

もちろん、イベントにアップルのお店を借り切ったり、ジーニアスバーには相談でお世話になったり。

今、思い返すと、沢山の思い出がありますね。一番町を通る度に人の入りが気になって覗いていたんですが、結構混雑していて撤退するとは思っていませんでした。

無くなると思うとやっぱり寂しいです。移転の話は出ていませんが、いつか復活して欲しいです。

Leave a Comment

Word2007やExcel2007で「プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました」

僕のOfficeは2007。ずいぶんと昔のソフトだなぁ。
でも、OSが未だにWindows7なんで、Officeソフトもそのままつかているんだ。
流石に、OSもOfficeも限界が見えています。

で、先日、WordやExcelで「プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました」というエラーがでたんだ。

ネットで見た解決方法にトライしてみたんだけど、解決できず。最悪再インストールも考えたんだけど、面倒だしなぁ~。
最後の望みをかけて再グーグルしたところ、あっさり解決したので、ブログに残しておこう。

WordもExcelも「管理者として実行」のチェックマークを外しただけ。

これで無事解決。いつの間に、ここにチェックが入っていたかは不明です。

Leave a Comment

ネットで正確判断した結果

ふと、ネットの性格判断をしてみたんだ。

100の質問に答えれば結果がでるというもの。その結果は

「指揮官」タイプだそうだ。

慎重型が51%で、自己主張が49%でした。

この結果は、あたっています!自分でも納得です。

ただ、指揮官タイプと出ましたが、調子に乗らないようにしないといけないね。

Leave a Comment

システム管理者からみた、Mac vs Windows

僕は、かるか昔MS-DOS時代からソフト開発して今はシステム管理者をしている。
その後、DOSがWindowsになったわけだけど、当時、業務用はWindowsだった。
でも、個人的にはAppleが大好きだったんだ。でも高いから趣味では買えない。

でも、今は、そんな時代じゃない。

万人がMacを買うべきかWindowsを買うべきか迷っていいて、それぞれの長点や欠点を解説している記事をみかけるけど、その視点はあくまでも、アプリケーションを使うユーザーの立場からのもの。

そこで、システム管理者(ネットワーク管理)からの視点で、MacとWindowsのどっちがいいか?と聞かれると、こう答えます。

業務用は迷わずWindows!

その理由。
1.Windows系システムベンダーが多い。
2.メーカーが多く、さらに機種も多い。
3.セキュリティソフトは圧倒的にWindows向けに作られている。ここで言うセキュリティソフトとは、アンチウィルスソフトのことでは無いのでお間違えなく。
4.大規模ネットワークを構築すると周辺機器の共有化を行うが相性はWindowsが良い。

以上の点からまだまだWindowsが安心できる。

もちろん、Windowsの原因不明のフリーズに悩まされたり大変な苦労も伴うが、セキュリティ上とインシデントに対応できるベンダーを選択するとなると、Windowsですね。
業務なのでここがポイントです。

家庭やプライベートならMacでもWindowsでもどちらも同じだ。
僕は、プライベートではMacを使うことが多い。

Leave a Comment

追記〜パスワードの作り方

もちろん、日本人なら日本語をアルファベットにしてパスワードを作るから、日本語を知らない海外から見ればランダムなアルファベットが並んでいるように見えるでしょうね。

それなら、なんでメディアはわざわざ「ランダムな英数字に並べろ」って言うんでしょうね?
日本人なら日本語→ローマ字でそのままいいんではないの?

でも、それだとやっぱり日本人によるパスワード突破が考えられるからでしょう。

そこで、パスワードの作り方でおすすめしたいのが僕の方法って言うわけです。

パスワード突破にはざっと3つほどの手法があるらしいですが、今のところ、それらのどの方法に対しても有効です。
もちろん、あくまでも今のところ。

Leave a Comment

超簡単!最強パスワードの作り方

以前のブログにも書いたけど、パスワードの作り方に迷っている人が多いみたいだ。
それに、メディアが伝えるパスワードの作り方も解説されているが、それさえも、難しいよ!

どんな解説より、超簡単で絶対に忘れない、最強のパスワードに作り方をもう一度、ここに書き留めて置くよ!

それでは、キーボードのキートップを見てごらん!
notenecbw_L_2.jpg
JISキーボードなら、キートップに「ひらがな」が刻印されているでしょう。これを使うんです。

あなたの名前が「フレディ・マーキュリー」だったら「2;w@e/j-g8l-」となるでしょう。
もう、これだけでランダムの英数字+記号。
記号が使えないときは、自分でルールを決めておけばOK。
もちろん、これだけなら、同じ方法でパスワードを作っている人にはバレてしまうから、これを基本に何かを足したり引いたり、自分でアレンジすればいいでしょう。

この方法を使えば、どんなメディアが紹介しているパスワードの作り方より、簡単で絶対に忘れないで最強になるよ。

大抵の解説は、日本語をローマ字にしているから、さらにわざわざ別の方法に変えて、かえって覚えにくくしているんだ。
でも、この方法なら入力時にすでにランダムの英数字になっているから、2重に変える必要なし。

しかも、JISキーを使う日本人特有だから、JISキーを使わない人からは推測ができないよね。

僕は、もう何年も前からこの方法を沢山の人に勧めているんだけど、そろそろメディアで紹介してほしいよね。

Leave a Comment

ソフトバンクモバイルの回線障害

12月6日のソフトバンクモバイルの約4時間に渡る回線障害。
見事に僕のワイモバイルも影響を受けました。
ちょうどその時、銀行内で処理を待っているところで、スマホから聞き慣れない通知音が。しばらく放おっておいたらその後何回も鳴り、スマホを見てみると「回線は使えません」とか言うメッセージが出ていたんだ。

ネットでニュースを見ようとしたら今度はインターネットにアクセスできないとか。

おかしいな?、先まで使えていたのに、しまう時にどっか設定を変更してしまったかな?
なんて思っていたんだけど。設定をいくら変えても「回線エラー」のメッセージが出るばかり。
てっきりスマホは壊れたかと思ったんだ。

もう一つのAUのスマホでぐぐってみたら、まさに回線障害とのニュースが。

ところで、この原因がパケット交換機のプログラム更新期限が切れたものとか。
交換器が引退した後、不正に使われないように機能を停止するため使用期限を設定するシステムはよくある話。
日本ばかりではなく、世界中で同じプログラムの使用期限延長手続きをしていなかった亀の回線ダウンが発生していることから、エリクソン側の原因と言うより、ユーザー側の回線キャリア側の設定ミスであることに間違いないでしょう。
システム設定時なのか、運用ミスなのか、人為的ミスには違いない。

ところで、この4時間の間に仕事で使えなかったり、決済や緊急通報などの命に関わることもあったでしょうね。

僕としては、この分の基本料金を返せ!と言いたいね。

Leave a Comment

Gyazmailから抜けられない理由…本当は別のメーラーにしたい

Gyazmailって何?…とお思いの方はMacユーザではありませんね。
そう、Mac用のメーラーなんです。古くからあるシェアウェアのソフトです。
僕が、Windowsでとても便利に使っていた、これもシェアウェアなんですが、Beckyというメーラーからメールマシン用としてMacBookを使い始めたときに、Beckyに似たメーラーを探してたどり着いたのがGyazmailだったんだ。100%満足とは言えなかったんだけど、我慢してスタけるメーラー。

それが、MacOSがMojaveになった途端に、迷惑メールフィルタのSpamSieveが使えなくなったばかりか、Gyazmailもエラーに。メーラーが使えないと仕事にも支障が出るから困った!
数日後、Gyazmailが32Bitでマイナーチャンジしたけど、SpamSieveが使えないのでスパムの嵐。
早く64Bit版を出してほしいと切なる願いをしていたんだ。けど、今日の時点でもリリースされない。
シェアウェアとしてお金を払った意味がなくなっちゃった。フリーソフトじゃないんだから。フリーなら諦めるけど。

そこで、別のメーラーを探すことに。前にも書いたSparkがフリー版でも良いとの結論に至り、これと並行して使っていたんだ。
Sparkは、iPhoneのUIをMac版にしたような感じで、スペックはMac版では無かった。
UIは今流行りで、MacOSのダークモードに対応していたり、カッコイイし、自動でメールを判断してくれる機能もあったりしていいんだけど、僕が一番使えないと思ったのが、メーリングリストからのメールを勝手に既読にしてしまう点。
ユーザーにとって大事ではないメールやマールマガジンなどは、自動的に既読にしてしまう仕様のようです。これは困るんだ。
この機能を変更するプロパティも見当たらないし。

で、結局、今はGyazmailに戻りました。
でも、SparkがバージョンアップしてBeckyに似た仕様になったら、迷わず乗り換えるつもりです。

Leave a Comment

早く来い、64bit版Gyazmail

先日Gyazmailが最新のMac OS Majoveに対応したと思ったら、32bit版だったんだ。
Spam Serveがエラーになっているのはこのせい?
早く64bit版になってほしいな。

Leave a Comment

やっと来ましたGyazmail

Mac OSX mojave公開後約1ヶ月の時を経て、Gyazmailの対応版がリリースされました。
それにしても、長く待ちました。先日は、あまりのバグフィックス時間のため、Speakと言うフリーソフトをインストールしたんだ。

使用して二日間だったため、使い方に慣れないでいたんだ。長年使い慣れたBeckyとGyazmailなので、直感的にカスタマイズができなかった。

メールをフォルダに振り分け方がイマイチ分からない。
Gyazmailが治ったので、しばらくはこれで行こう。

でも、Sparkでこれは欲しいと思った機能は、メール一覧を最近のデザインの縦3列にした時、表示が1行のまま、これを2行とか表示してほしい。
あとは、ダークモードへの対応かな?

Leave a Comment

Macのメーラーについて再考する時期

いつも使っているMacBookのメーラーは、Gyazmail。
シェアソフトだけあって、機能が気に入って使い続けていたんだけど、OSがMac Mojaveになったとたん、バグが。

最新OSがリリースされて1ヶ月になろうとしているんだけど、バグフックスされていないことに、最近はイライラしてきたんだ。
有料なのに、その辺は早く対応して欲しいところ。

メーラーを変えようかと、思い始めていたんだ。

色々なメーラーがあるようなんだけど、評判だったりバグだったりを聞くたびにいいものが見つからない。
そんな中で見つけたのが「Spark

これは、自分に必要な機能があってしかも無料。UIも使いやすいし、見やすいようだ。

もう少し機能を検討してから導入してみようかと思う。

肝心のSpam対策について知りたいな。

Leave a Comment

観ました、カメラを止めるな!

今話題の邦画「カメラを止めるな!」

面白いと大評判だけに、それは、いろんな意味で期待しました。
平日の日中ということもあって、観客は20人くらいだったけど、それでもいつもの平日観る映画では多い方。

おおよそのあらすじはネットやなんかで頭に入っていたんだけど…。

結論は、面白い!

ストーリーがよく練られていて、よく出来た映画でした。リピーターがいることにも納得しました。
これは、おすすめします。

Leave a Comment

Microsoft社のポール・アレンの悲報

う〜ん、時代だなぁ。

MS-DOSとMS-BASICからPCの時代が始まったと言っても間違いない、Microsoftは僕にとっても、リアルタイムでのめり込んでいたし、あこがれでもあったんだよね。

寝る暇も惜しんでプログラミングの楽しさにどっぷり使っていたよ。この時代があったおかげでこうして今も生活ができている。

ありがとう、ポール・アレン

Leave a Comment

Netbeans8.1でブラウザに読み込めない

Netbeans8.1を使ってHTMLを書いているんだけど、毎回初回にブラウザで確認するとき、編集中のファイルをブラウザへ渡せないでいたんだ。

実行アイコンをクリックしても、ファイルの実行アイコンをクリックしてもブラウザは起動するのに、ブラウザのデフォルトページが表示されるだけ。

しょうが無いから、ファイルのパスをいちいちブラウザに入れてHTMLを表示させていたんだけど、さすがに面倒。Netbeansの説明にもなかなか解決方法が見つからない。Googleで見つからない。

で、長年の苦労が三日間かかって無事解決、ちょっと長かった。

その方法は、Netbeansの外部ブラウザの設定の中にありました。
開いたダイアログのブラウザ指定を外部ブラウザに変更しただけ。
もともと、ツールオプションでブラウザをFirefoxにしていたから、たった、これだけで、編集中のHTMLを実行アイコンをクリックするだけでブラウザが開いて編集中のHTMLが表示されるようになりました。

な〜んだ、たったこれだけか、これで随分非効率的な作業をしていたな。

Leave a Comment

MacOS Mojaveを入れるには早すぎた

先日、僕のMacBookにもMacOS Majaveがやってきました。
非力なMacBook2015でも実用になるのか一瞬ためらったけど、現行のスペックとも違わないんで、使ってみたい衝動に駆られインストールしちゃいました。

直後は、コールドブートが早くなった気がするし、アイコンをクリックしてからのアプリケーションの起動も早い気がします。
これは快適に使えそうだと思ったその時、愛用のメーラーGyazmailがエラー!

SpamSieveの起動に失敗しています。
Gyazmailのサイトで確認したところ、現行バージョンはMajaveには対応していないとメッセージが。
これは困った!メーラーが使えないと大事な仕事のメールが!!

原因はSpamSieveの起動なので、コレを使用しない設定にしてGyazMailを使っていました。おかげで、Spamメールが増えました。

早くバグフィックスしたバーションを配布してほしい。

Comments (1)

iPhone5sにIOS12をインストールした結果

先日発表されたiPhoneの最新機種に全く魅力を感じない一つに、僕の5sにiOSの12がインストールできるからなんだ。
今となっては、昔の機種と呼ばれているけど、僕は、これで満足。何一つ足りないものはない。最新OSが入るなら、とことんサポートが切れるまで使い倒そうと思う。

で、先日、かなり時間をつかってiOS12を入れてもう数週間が経とうとしているけど、一つ、旧バーションより良かった点は、バッテリーの持ちが良くなったこと!
これは、効果あります。以前はバッテリーがヘタってきたな、と思っていたけど、それは、間違いでした。OSが改良された模様です。
あとは、確かにアプリの起動というか、立ち上がりが早くなったような気がします。でも、こちらは気がするだけで、ちゃんと計測すれば個人差くらいの違いかもしれません。

でも、バッテリーが長持ちするのは本当です。

Leave a Comment

Appleの秋の発表

毎年恒例のAppleの新製品発表も終わりましたね。
例年のごとく、iPhoneの新機種発表だけだったね。
僕の場合は、もうMacBookと同額のスマートフォンなんて全然興味が無くなってきちゃった。
実は、アンドロイドと2台持ちなんだけど、アンドロイドだってNexus5Xと言う古いものなんだ。

iPhoneもアンドロイドも最新のiOSにしているけど、使いやすさはアンドロイド!何かと便利。

と、言うわけで今回のiPhoneの発表より、MacBookやMacMiniを期待してたんだけどね。残念だったなぁ。

Leave a Comment

映画「ターミネーター」の世界がすぐそこに

映画「ターミネーター」の劇中に登場するオートバイ型サイボーグ、現実化しました。
作ったのは、サイバーダインのスカイネットではなく、BMWとのこと。

Leave a Comment

東北大学のスーパーコンピューターを見学

CIMG6831-800x600.jpg東北大学の金属材料研究所にあるスーパーコンピューター「MASAMUNE-IMR」を見学してきました。

スーパーコンピューターということで、セキュリティがしっかりしたところに設置されているかと思いきや、以外にも建物入ってすぐのところにありちょっと以外でした。

メーカーは、CRAY社のXC50-LCで、並列計算サーバーはスレード40機の構成だそうです。

頂いた、パンフレットによりますと、国内外の研究者に開放されていて利用されているそうです。
このスーパーコンピューターを利用した研究テーマ金属材料のシュミレーションで、新しい材料の発見や改良を原子レベルで計算するそうです。

それにしても、マシンルームは空調の音がすごい。それだけ発熱するということなんですね。

Leave a Comment

2018年の定禅寺ストリートジャズフェス

もう、夏休みが終わることからソワソワしてしまう今年の定禅寺ストリートジャズ・フェスティバル
出演するバンドも決まり、タイムテーブルが公開されていました。

もう何年も聴いているバンドから、昨年見つけた素敵なグループまで、早速、タイムテーブルを確認して、予定を組んじゃいました。

でも、お目当てのバンドがバッティングしてしまって、どちらに足を運ぼうか迷っています。

Leave a Comment

2020年東京オリンピックにサマータイムが導入される?

そりゃ、無理だよ。絶対無理。
日本のIT社会では、その運用になっていない。あちこちで設定されているだろう始業時間と就業時間を、あるタイミングで一斉に切り替えられるとは思えない。
考えてみても、せいぜい自分の起床アラームの設定だって1個じゃ無い人も多いよ。しかも、スマートフォン、PCの時間が自動で2時間進められたら、その無くなった時間にセットされたアラームやリマインダーはどうなっちゃうのさ。

世の中、大混乱!

どうせ、オリンピックの競技時間を朝早くにしたい、と言うのが根底なんだから、それは、サマータイムの導入じゃなくて、普通に午前4時から競技開始、にすればいいじゃん!

Leave a Comment

HTMLコーダーに復職しました

最近、HTMLコーダーに戻りつつあります。まだ、完全に戻ったわけではなく、ネットワーク管理との掛け持ちです。

その、ネットワーク管理ですが、ユーザーからは色々な相談が来ます。
今日は、エクセルファイルをクリックするとInternet Exploerが起動すると言う相談が来ました。どうやら、ファイル拡張子を変更しちゃったようです。本人はどんな操作をしてしまったのか覚えていない、もちろん、ITに詳しくない人にどんな操作をしたのか覚えておけ、と注文をつけるほうが無理。わからないから、壊れちゃうんだ。
あとは、アプリケーション用サーバーのUPSのバッテリー交換作業もしました。
他にはデジタルサイネージのコンテンツ追加とかです。
そんな中、ネットワーク管理ソフトからクライアント機がアクセス許可していないUSBデバイスが接続されたとアラームが。クライアントPCの使用者に確認するなどして、これが唯一のネットワーク管理者らしい今日の仕事かな?

本職はWeb制作だったものの、ここ10年弱ほぼ、畑違いの仕事に冒頭したので、最近上記のような仕事の合間にHTMLコーディングをすることになりました。しかし、浦島太郎状態です。
ウェブを観るデバイスも多種多様。HTMLやCSSのバージョンもかなり上がってしまいました。

Leave a Comment

職場のDELLデスクトップが機嫌いい

散々悩まされ続けてきた職場のDELLデスクトップPC、2018年5月9日を堺にフリーズすることが無くなったんだ。
その理由は、DELLのオフィシャルサイトからドライバーのupdateを行ったから。
このupdateは、2018年5月上旬にWindows10の大型Updateが配布されるに伴って、不具合が起きないようにとDELLが事前に配ったもの。
このドライバが古いマシンでの不具合や置き去りになったドライバを一掃してくれたんじゃないかな?

そして、先日Windows10のUpdateが職場のPCにも当てられて、無事に終了。あっけなく終わったので少しは期待していたんだけど、このDELLドライバとWindows10の二つがどうやらDELLデスクトップを覚醒させてくれたんだと思いたい。

ちなみに、職場のデスクトップPCのはDELL Optiplex7020というもの。どうか、この先もフリーズが起きませんように!

Leave a Comment

来週の職場が怖い~WindowsUpdate

「Windows 10」の「April 2018 Update」がいよいよ2018年5月8日から自動配信されるらしい。
職場のPCにもいずれ自動更新がやってくるだろう。全従業員の内、数人はWindows7だが、いまやほとんどがWindows10だ。

しかも、古いマシン(Windows7時代からの)が一番厄介。これまでにもWindowsUpdateのたびに不具合が発生しているので、今回もまた仕事が増えると思うとユウツになる。
自分には、5月末までにやらなければならない仕事を抱えているんだ。フウ~、どうか何事もありませんように。

Leave a Comment

Plalaが繋がらない

5月2日の夜、インターネットに繋がらなくなった。ルーターの熱暴走かと思い、数回再起動したけど回線せず。光ケーブルのコネクタを抜き差しでもだめで。ネットで調べたらplala側がダウンしているとか。20時ころから発生しているらしく、DNSをgoogleの8.8.8.8にしたら回復するということで、試したら繋がった。
PlalaのDNSがダウンしたんだろう。
今日は、もう寝ます。

Leave a Comment

日本はなぜ電子マネーが広まらないのか?

情報システム科学を研究し、未来を予測している立場から真面目な意見をアップしたいと思う。

日本はなぜ電子マネーが広まらないのか?

初めに未来予測から言えば、日本も電子マネーの時代が来る。確実に、絶対に。
電子マネーの時代が来る根拠を、現在広まらない原因を追求から逆説して見たいと思う。

未来の予測を立てるならば、過去の歴史を振り返れば簡単だ。
昭和の高度経済成長期、ある理由で(その理由に付いては電子マネーとは関係ないので省かせていただく)社会が好景気に沸いていた時、多くのお金が世の中に流通した。それは、現金と言う物質を持ったお金だった。そのお金で日本人は沢山の物を買い、生活は便利になった。ものが沢山あり豊かになった。「使い捨て」と言う文化も生まれた。
この好景気の前夜はどうだったのか?
敗戦からの暗く貧しい時代で、人々は我慢をしいられていた。
いつかはお金持ちになりたい。生活が楽になりたい。と願っていたんだ。
そして、現にお金持ちになり豊かさを手に入れた。
一番重要なことは、お金をつかうことが生活を豊かにするということだ。それに気がついたんだ。

一方、景気にはサイクルがあって景気が良ければ冷えることもある。
高度経済成長が終わった時、社会全体はお金を使わなくなったんだ。できるだけ、ひっそりとそして我慢して生活する時代が再びやってきた。
仕事も減り失業者も多くなった。
人々は消えてなくなる現金よりモノとして残りもっと将来的にも価値のあるものがある、と気がついたんだ。
それが、不動産だったんだ。
とにかく土地さえ持っていれば将来必ず値上がりする。現金で持つより不動産を持っていたほうが価値があったんだ。
この神話の究極が北海道の原野商法まで生み出した。

それが、いつの間にかバブル景気となった。企業も個人も誰もが土地を買い求めた。
土地転がしで金儲け。地上げ屋と言う商売が生まれたのもこの時代だ。
時代は現金より、不動産と言うモノのほうが強かった。
そして、土地神話は崩壊。
再び不景気の波がやってきた。

そして今。景気は良いと言っているけど、個人はどうだろう。
一億総中流と言う言葉があったたけど、今は、全く当てはまらない。お金持ちと貧乏の2極化が顕著に現れている。景気が良いと感じている個人は少ないはずだ。グロスで見れは景気は良いかもしれないが、比率でみると低収入の人口が多いはず。少ないながらも一部の大金持ちがいるので、平均値を上げているにすぎない。世の中の感覚とはかけ離れている。
こんな時代の今は、何に価値を刷り込んでいるのだろうか?
現金?いやいや、預金だって利率は最低を更新中。いずれ銀行預金口座は利息がつく時代から反転し口座管理料をとられると言う勢いだ。
現金を持っていたら減るばかり。

豊かさは、「お金」から「不動産」に変わり、現在は何になったのか?

それは、データなんだ。データは電気信号のデジタルで出きている。
今の世の中はIT革命が始まってから沢山のデータが世の中に広がった。
昔で言うなら、せいぜい一家に百科事典があるようなもの。
それが現代は、ネットと言う仮想現実が多くのデータをいとも簡単に提供できるようになり、そして人々はデータを使うようになった。
そして、データを使う人ほど生活は豊かになっている。
データを物に変えたり、知識に変えたり、データと言うデジタルな信号を持っているだけで何にも変えることができる。
データは凄い価値をもったのだ。

それなら、近未来はどうだ?

すぐ先にはデータをもっと簡単に使えるようになるはずだ。簡単と言う意味は、誰でも使えるということと、手間が要らなくなるということ。
データで生活が豊かになるのだったら、もっとデータを使いたいはず。現金なんて物質は持ち歩くことが煩わしい。そして全部データに置かえるのが電子マネー。
そう、近未来は電子マネーの社会が絶対に来る。これは、誰でも予測できるはず。

でも、電子立国だった日本で電子マネーが広まらないのか?

これまでの歴史を振ると、日本人の我々は、必ずバツが下るということを学習していから。
何度の好景気だっていつかは冷え込むと言うのを見てきたからね。にわかには信じなくなるんだ。どっかで失敗したくないと思っている。
今、電子マネーが流行らないのは、こうした、学習が人々の行動を消極的にしているんだ。

でも、いつかは気がつくはず。データが価値をもったなら、現金よりデータを使いたい。現金よりデータが使いやすいという社会が豊かな社会だ。
もうすぐ我々のリミッターは解除されて爆発的に電子マネーが使われ始める。

日本以外はすでにそうなっている、日本だけがそうならないということはありえないし、世界の人々はデータ価値について十分に理解している。

ちょっと乱暴で短絡的な表現もあるけど、結論は「広まらない」という結論ではなくて「広がっていなかっただけ」という途上にいるだけなのだ。

SFなどの世界ではなく、絶対に電子決済の世の中が日本でもやってきます。

Leave a Comment

マルウェア駆除のその後…安易に安心せず励め

2017年12月にウェブサイトからマルウェアに感染したWindows7。
このブログにアップしたとおり、その後駆除できた模様で、FireFoxで勝手にタブが開いて危険なサイトにジャンプすることは無くなったんだけど…、けど、安心はしない。
駆除から2ヶ月が過ぎようとしているんだけど、どこかに駆除できなかったマルウェアが潜伏していることだってありえるからね。
電源を入れた回数、感染後からの日数などのトリガーで発症することも用心しなくては。

そんな時、マイクロソフトからオフィシャルでマルウェアの駆除があることを知ったんだ。

Windows Defender Offline

Windows Defenderは確かにWindows設定から実行できるし、多くの人はそれを使っていると思う。ただし、それは感染したOS上からのスキャン。

このWindows Defender Offlineとは、Windowsのプレーンな状態でPCを起動してスキャンするもの。これは、オンラインで駆除できなかったマルウェアも駆除できるとされているんだ。

どうやってやるかは、こちらのサイトを参照してほしいんだけど、ざっくり説明するとこんな感じです。

  1. マイクロソフトのサイトから起動用Windows作成ソフトをダウンロード
  2. そのソフトを使ってマイクロソフトからBoot用のWindowsをUSBメモリへ作成
  3. そのUSBメモリからWindowsを起動する。Defenderが自動起動します
  4. あとはスキャン

こんな感じです。マルウェアなどのデータファイルはオンラインで自動でUSBメモリへダウンロードするらしい。だから起動用USBメモリを作っておけば、いつでもスキャンができる。

注意することは、BIOS画面でUSBからBootさせること。PCの起動中にF12を押し続けているとBoot画面になります。

で、クイックスキャンしたら15分で終了し、感染は見つけられなかった。
安心できないので、フルスキャンを実行。

するとどうでしょう。

予備スキャンで、悪意のある、または望ましくない可能性のあるソフトウェアがシステムに存在する可能性が検出されました。スキャンを完了した時点で、検出された項目を確認できます

と表示されました。フルスキャンにかかった時間はおおよそ3時間。ファイルが沢山あるから時間がかかってしまった。
スキャンが終了すると、

PCから18個の潜在的な脅威が検出されました。

と出た。削除する前に詳細で内容を確認すると

TrojanDownloaderやBackdoor:Win32

やらが出てきた。警告レベルはすべて重大だ。しかも状態がアクティブになっている。
と、いうことは、このまま使っていれば発症するに違いない。

更に内容の詳細をみてみると、Downloaderはメールで届いている。トロイの木馬のたぐいだとか。普段から危ないメールは開かないので、発症していなかったと見れ取れる。
Backdoorはその名の通りPCをリモートで操作してしまうもの。

で、これらをすべて削除。

それにしても、ノートンで補足できないファイルもあるもんだな。
ウィルスやマルウエアは気を抜いたらダメだね。

Leave a Comment

このページの先頭へ