Entries in the ‘PCハードウェアやソフト’ Category:

ある日突然FireFoxのアドオンがすべて無効に

5月4日のよるにFirefoxを使っていたら、突然アドオンが無効になったメッセージがブラウザ内のアラートとして表示された。
その直前、メニューバーの表示がリセットされたような再表示が起こったので「あれ?」って。
ちょうどおかしな挙動を目撃したんだけど、アドオンを確認したら全てが無効になっていたんだ。
そこで、最新のバージョンを確認したら今使っているのが最新バージョンなんだって。
おかしいな~って、その日は原因追求をやめてネットで情報が見つかるのを待つことに。
翌日、この不具合について情報がありました。
https://japanese.engadget.com/2019/05/04/firefox
ここで紹介されている方法で無事に解決しました。
今日改めて確認したら、FireFoxもフィックスしたバージョンを公開している。
早速使っているバージョンを確認したら、DLが終わっていた。再起動しよう。

Leave a Comment

Windows10になってからわからないこと

え~っと、Windows10のバックアップの方法には、次の2つの方法があることがわかったんだ。
1.スタートメニューー設定ーバックアップオプション
2.コントールパネルーシステムとセキュリティーバックアップと復元
で、バックアップはどちらを使えばいいの?どっちも使っていいの?って疑問。
Windows7までのバックアップ方法は上記の2の方法しかなかった。
なぜ2つもバックアップ方法があるのか?
ネットで調べても明確な答えを見つけられなかった。
ネットでの情報を見て推察した結論はこうだ。
1)の方法は復元ポイントを含んだ丸々バックアップ
2)の方法は更新ファイルのみのバックアップ
つまり、バックアップは両方必要だと思う。
これが正しいのかはわからないが、Windows10のUIによるバックアップの設定とWindows7まんまのUIによるバックアップの設定と全く違うUIと合わせて2つもあり、紛らわしい。
どっちかに統一したらどうだ!
なんでWindows7時代のUIがあるのか、理由がわからない。
Appleだったら、こんなオンボロなUIはリリースしないだろう!

Leave a Comment

そしてUSB3.0インターフェースボードを追加したけど

ポチッとオンラインで購入したUSB3.0のインターフェースボードとSATA電源ケーブルが届きました。
早速、近くの電気屋さんへ行きマザーボードのボタン電池CR2032を購入、これで準備が完了です。
ケースを開けて、ボタン電池を交換し、電源ケーブルの延長をつなぎ、片方をUSBボードへつなぎます。
これをマザーボードに刺すんだけど、うまく入らないのでちょっとコツが。
うまく入ったら、ケースを戻し、ケーブル類を接続し電源ケーブを最後につなぎます。
電源を入れたら、当然BIOSのセットアップへ行くかこのまま起動するかのメニューが出ました。
で、BIOSの設定へ進むと、日付が2010年に戻っています。
ここで、改めて気が付きました。このDell Studio XPS 8100を購入したのは、東日本大震災前の2010年だったな。BIOSも当時の工場出荷に戻ったんだね。PCの進化は毎年新しいスペックが発表されるけど、人間で言うとたった9年前。
当時Windows7Proで購入したんだけど、先月、やっとWindows10Proへ移行したんだ。
でも、このPCのスペックでもWindows10Proは快適に動いているよ。
ただ、USBポートは2.0まで。
この先も末永く使い続けるつもりだからUSB3.0のインターフェースボードを購入したのだ。
早速、外付けHDDへWindowsのバックアップを取ってその転送速度をタスクマネージャーで確認してみると、書き込みが32MBsくらいだ。
そう、この値は2.0と同等なもの、なぜならHDDがUSB2.0だった!!!!
USB3.0の外付けHDDはMacに使っているから、気が向いたら交換して再確認しよう!
いつUSB3.0の便利さを体験できるんだろうか?
僕のPCは

Leave a Comment

CMOS check sum error

2019年でもWindows7からWindows10へのバージョンアップに成功した僕のデスクトップPCはすごく良好です。
ただ一つ、ダブルモニタにしているためか、ビデオボードのファンの音がうるさいのに気がついた。以前は気にならなかったんだけど、Macの静かな環境になれたせいか少々気になる。
お金がないからファンの可動部に潤滑剤でもスプレーしようかと分解したけど、ビデオボードのカバーに阻まれスプレーできなかった。
仕方なくボードを戻して、ケースを閉めてケーブル類を接続し、最後に電源ケーブルを入れたら….
電源が勝手に入り、ディスプレイには「CMOS check sum error」が出ているではないか。
ふと見ると、F1がそのまま続けるとありF2でセットアップになるようだ。
で、F1で続けたところ、HDDからWindowsが起動しない…カーソルが点滅したまま。
万度も電源ケーブルを抜いて試したけど、 CMOS check sum errorの表示に戻らず少々焦った。
原因は内蔵のボタン電池切れらしい。電池交換は後日行うとして、今、OSを起動したいんだが。
よく観察してみると、DELLのロゴマークが出たあと、BIOSは読み込んでいてドライブはHDDは認識しているっぽい。
そこで、起動ドライブの設定と検討をつけたら、あたりだった。
DELLのロゴマーク中にF2を押してBIOSメニューに入ったところ、起動ドライブがCDドライブになっていた。
これを、HDDにしてEnterで無事に起動できました。
ついでに、USB3.0内蔵ボードと電源ケーブルをネットで購入しておきました。

Leave a Comment

Windows7Pro(64bit)からWindows10Pro(64Bit)へバージョンアップ

おおよそ9年前に購入したデスクトップPCのDELL Studio XPS8100。当時からWindows7Proを使い続けていたんだけど、このOSのサポートも来年2020年1月で終了すると言うことなので、いよいよWindows10へバージョンを上げることにしたんだ。
しかし、マイクロソフトの公式な無償バージョンアップ期間はとうに終了している。
ネットで調べたら、マイクロソフトのページからツールをダウンロードしてWindows10へのバージョンアップが無償で可能だとわかった。それを知ったのが、2019年1月でWindows7のサポート終了のアナウンスが頻繁に出るようになってから。
でも、すぐにやるのには躊躇したんだ。
無料期間中でも、Windows10へバージョンアップして失敗したとか、結構ブログに挙げられていて、なおかつ、このDELL Studio XPS8100はDELLのオフィシャルなサイトではWindows10対応機種からは漏れていたんだ。
オフィシャルには未確認機種とされていたから、アップデート失敗の事例と合わせると、ビビってしまった。
その後、利用には問題なかったので放置していたんだけど、マイクロソフトのサポートが切れるとあっては心配に変わってしまって、バージョンアップを決意したと言うわけ。
ごく最近のバージョンアップの成功事例もネットで出ているので、それらを大いに参考にさせていただきました。
ちょうど、時間に余裕があって、気分も落ち着いたこの時期がいいタイミングと思って決行したんだ。
まず、数日前から、データーのバックアップ。これにはWindows7のイメージも一緒に外付けHDDへ保存。
失敗したとき、一番困るのがiTunesのデータ。
バージョンアップ作業の前に、ミラーリング(RAID1)している片方のHDDを切り離し。何か問題が発生しWindows7の戻るときはこれですぐに戻せるから。
他にも、メールアカウントをノートのメーラーに作ってメールはいつでもでいる環境に。
マイクロソフトのWindows10へのツールにてクリーンインストール用のDVDとUSBメモリを作成。
WindowsのプロダクトIDとプロダクトキーをメモ、更にOffice2007のプロダクトキーもメモ。
ここまでの準備に週末を使って約1ヶ月。
他に沢山のフリーソフトとかパッケージソフトとかあったけど、捨てる覚悟で。
いよいよ、マイクロソフトのページからWindows10へのバージョンアップツールのダウンロードからはじめたんだ。
実は、クリーンインストール用にDVDとUSBメモリを作ったときにすでにDLしていたので、改めてDLLする必要はなかったんだけどね。
そのExeファイルを実行し、メッセージに従って「このPCへインストール」を選択。あとは、メッセージに従って進めるだけ。
開始から約1時間後に「Google日本語が互換性がありません」と表示されWindows10へは引き継げないことが判明し、「確認」ボタンで先に進む。
どうやら、数あるアプリの中でWindows10へ以降できないのはこれだけかと思うと正直ホットしたんだ。結構昔にインストールして今は使わなくなったアプリもあるのにそれらが移行できるのは驚きですね。
すぐに「インストールする準備ができました」と表示されインストールが始まりました。5分後にはロゴマーク田が表示され何回か再起動を繰り返して、Windows10の壁紙が表示されました。
このとき、何もメッセージがでなかったので心配になっていたけどHDDのアクセスランプが点滅しているので待っていたら再起動がかかりログイン画面になりました。
ログイン後は、Windows10の最初の時のメッセージが表示されてプライバシー設定を変えて先に進みます。
その後、「.Net Framework3.5」のインストールが必要と出ましたが、インストール途中でダウンロードが止まってしまいました。仕方ないので、ここではキャンセルで先に進みます。すると、「ネットワーク接続エラー」とメッセージが出ました。
仕方ないのでトラブルシューティングで自動回復したので先に進みます。
その後最後の再起動を行ってWindows10Pro64Bitへバージョンアップが完了しました。
すぐにGoogle日本語のインストールして、デフォルトブラウザをEdgeからFireFoxへ変更。
この間、再びインターネットに繋がらなくなってしまいました。事前に調べたネットでは、よくある症状のようで、とりあえずIPv6を使わないようにチェックマークを外してみたものの改善が見られなかったので、ネットワークデバイスのドライバーのバージョンアップを行ったところ、その後、LANは回復しています。
もう一つ、スピーカーから音ができません。僕のはUSBポートににSound Blastor Play!3というのを繋いで、そこにミニジャックでスピーカー接続しています。このドライバーもネットから探してインストールして回復しました。
ここまでで、おおよそ3時間30分でした。
心配していた大きなトラブルもなくすんなり移行できた感じです。
直後は最適化が動いていたようで、立ち上がりに時間がかかっていましたが、このブログを書いている翌日には早くなりました。それでもWindows7よりは遅い感じです。これからスタートアップなど不要ソフトを削除して軽くしていきます。
で、僕の使っているアプリケーションは次の通りですが、問題なく使えます。
Becky(メーラー)
MS-Office2007(ただし互換バージョン表示されます)
Adobe Photoshop CS5(Ilasutoratorもありますが使わないので未確認)
NetBeans8.2(総合エディタ)
iTunes
Canonプリンタドライバ
SuperAntiSpyware(セキュリティソフト)
Norton Antivirus
SugerSync(ファイル同期ソフト)
秀丸エディタ
他にもたくさんソフトが入っているんだけど、滅多に使わないから後日確認しておくことにしよう。
残る作業は、切り離したHDDを再びミラー化するだけです。
結論
2019年3月現在でも、Windows7からWindows10への無料バージョンアップは問題なく行えました。
OSのライセンスも承認されています。

Leave a Comment

楽天クラウドイノベーションラボ

楽天クラウドイノベーションラボのニュースを見て、これははやり楽天の三木谷会長の言う世界が来たと実感した。
そもそも、現在の音声のネットワーク回線は、全てデジタル化されている。そこに、流れるのはパケット(フレーム)と言うデータでしか無い。
と、いうことは、ルーター、スチッチ、サーバー群さえ揃えれば、音声通話もインターネットもすべて既存の汎用機でまかなえるという発送。
それを具現化したのが「楽天クラウドイノベーションラボ」
先日のプレスリリースから、三木谷会長がその優位性も納得できる。
一方、楽天以外のキャリアはデジタルのパケットを通信しているのだけれど、各ノードに設置されている機器は専用機器。ソフトウェアでバージョンアップをできるというものの、マシン自体が高額。
楽天は、それらの機器もPCサーバーのソフトウェアで具現化。
機器の不具合もサーバーPCの交換でOK。
5Gや次世代の6Gでさえも、ソフトウェアのバージョンアップで対応可能だ。
(最終の基地局は除く)
つまりは、コストが安いので通信料金に還元されるという。
第4のキャリアとして大いに期待する。

Leave a Comment

そろそろWindows10へバージョンアップする?

え~、僕のデスクトップはWindows7 Pro 64bit。そう、来年にはサポートが終了するらしい。
7のままで、まったく困ることはないんだけど、さすがに、サポートが終了するとなると辛い。
いずれ、7には対応しないアプリケーションも出てくるだろう。
そうなると、困る。
Windows10からは、Macと同じように最新のOSに無料でUpdateしてくれるから、今後困ることはないだろう。そう、セキュリティ的にも、ドライバー的にも。
そう考えると、ここでWinsdows7から10へのバージョンアップをしたほうが良いと考えた。
しかも、終わったはずのWindows10の無料ダウンロードが可能だ。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
これでDELLのデスクトップの寿命も伸ばせるなぁ。スペック的にはなんの問題も無いから。
でも、インストールに失敗したときのことを考えると慎重になっちゃうよ。
だからもしものことを考えて計画を立ててインストール作業に取り掛かろうと思う。

Leave a Comment

いつからポートレートモードが使えるよになったの?

nexus5Xに他にも新しい機能が追加されていると思い、カメラを起動したら「レンズぼかし」と言うメニューを見つけました。
早速撮影してみたら、背景をぼかすiPhoneで言うところのポートレートモードでした。
凄いね、Googleの最新機種のPixelだけかと思っていたら、Nexus5Xと言う古い機種にも対応。
もう、Nexus5Xでいいじゃん!

Leave a Comment

いつからFaceIDになったの?

僕のAndroid、久しぶりにセキュティ関連をいじっていたら新しい機能が追加れていることを発見したんだ。
これまで、指紋認証だけだと思っていたら、新たに
持ち運び検知機能(移動中はロック解除)
信頼できる場所(特定の場所に来たらロック解除)
信頼できる端末(特定のデバイスに近づいたらロック解除)
VoiceMatch(OK Google)
承認済みの顔(顔認証)
が加わっている!
最後の「承認済みの顔」っていうのはiPhoneのFaceIDと全く同じ。早速自分の顔を登録しました。
いつからこの機能が加わったの?
ちなみに僕のAndroidはVer8.1.0で、機種はNexus5Xです。
結構古い機種だけど、もう、これでいいじゃん!

Leave a Comment

Word2007やExcel2007で「プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました」

僕のOfficeは2007。ずいぶんと昔のソフトだなぁ。
でも、OSが未だにWindows7なんで、Officeソフトもそのままつかているんだ。
流石に、OSもOfficeも限界が見えています。
で、先日、WordやExcelで「プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました」というエラーがでたんだ。
ネットで見た解決方法にトライしてみたんだけど、解決できず。最悪再インストールも考えたんだけど、面倒だしなぁ~。
最後の望みをかけて再グーグルしたところ、あっさり解決したので、ブログに残しておこう。
WordもExcelも「管理者として実行」のチェックマークを外しただけ。
これで無事解決。いつの間に、ここにチェックが入っていたかは不明です。

Leave a Comment

システム管理者からみた、Mac vs Windows

僕は、かるか昔MS-DOS時代からソフト開発して今はシステム管理者をしている。
その後、DOSがWindowsになったわけだけど、当時、業務用はWindowsだった。
でも、個人的にはAppleが大好きだったんだ。でも高いから趣味では買えない。
でも、今は、そんな時代じゃない。
万人がMacを買うべきかWindowsを買うべきか迷っていいて、それぞれの長点や欠点を解説している記事をみかけるけど、その視点はあくまでも、アプリケーションを使うユーザーの立場からのもの。
そこで、システム管理者(ネットワーク管理)からの視点で、MacとWindowsのどっちがいいか?と聞かれると、こう答えます。
業務用は迷わずWindows!
その理由。
1.Windows系システムベンダーが多い。
2.メーカーが多く、さらに機種も多い。
3.セキュリティソフトは圧倒的にWindows向けに作られている。ここで言うセキュリティソフトとは、アンチウィルスソフトのことでは無いのでお間違えなく。
4.大規模ネットワークを構築すると周辺機器の共有化を行うが相性はWindowsが良い。
以上の点からまだまだWindowsが安心できる。
もちろん、Windowsの原因不明のフリーズに悩まされたり大変な苦労も伴うが、セキュリティ上とインシデントに対応できるベンダーを選択するとなると、Windowsですね。
業務なのでここがポイントです。
家庭やプライベートならMacでもWindowsでもどちらも同じだ。
僕は、プライベートではMacを使うことが多い。

Leave a Comment

追記〜パスワードの作り方

もちろん、日本人なら日本語をアルファベットにしてパスワードを作るから、日本語を知らない海外から見ればランダムなアルファベットが並んでいるように見えるでしょうね。
それなら、なんでメディアはわざわざ「ランダムな英数字に並べろ」って言うんでしょうね?
日本人なら日本語→ローマ字でそのままいいんではないの?
でも、それだとやっぱり日本人によるパスワード突破が考えられるからでしょう。
そこで、パスワードの作り方でおすすめしたいのが僕の方法って言うわけです。
パスワード突破にはざっと3つほどの手法があるらしいですが、今のところ、それらのどの方法に対しても有効です。
もちろん、あくまでも今のところ。

Leave a Comment

超簡単!最強パスワードの作り方

以前のブログにも書いたけど、パスワードの作り方に迷っている人が多いみたいだ。
それに、メディアが伝えるパスワードの作り方も解説されているが、それさえも、難しいよ!
どんな解説より、超簡単で絶対に忘れない、最強のパスワードに作り方をもう一度、ここに書き留めて置くよ!
それでは、キーボードのキートップを見てごらん!

JISキーボードなら、キートップに「ひらがな」が刻印されているでしょう。これを使うんです。
あなたの名前が「フレディ・マーキュリー」だったら「2;w@e/j-g8l-」となるでしょう。
もう、これだけでランダムの英数字+記号。
記号が使えないときは、自分でルールを決めておけばOK。
もちろん、これだけなら、同じ方法でパスワードを作っている人にはバレてしまうから、これを基本に何かを足したり引いたり、自分でアレンジすればいいでしょう。
この方法を使えば、どんなメディアが紹介しているパスワードの作り方より、簡単で絶対に忘れないで最強になるよ。
大抵の解説は、日本語をローマ字にしているから、さらにわざわざ別の方法に変えて、かえって覚えにくくしているんだ。
でも、この方法なら入力時にすでにランダムの英数字になっているから、2重に変える必要なし。
しかも、JISキーを使う日本人特有だから、JISキーを使わない人からは推測ができないよね。
僕は、もう何年も前からこの方法を沢山の人に勧めているんだけど、そろそろメディアで紹介してほしいよね。

Leave a Comment

ソフトバンクモバイルの回線障害

12月6日のソフトバンクモバイルの約4時間に渡る回線障害。
見事に僕のワイモバイルも影響を受けました。
ちょうどその時、銀行内で処理を待っているところで、スマホから聞き慣れない通知音が。しばらく放おっておいたらその後何回も鳴り、スマホを見てみると「回線は使えません」とか言うメッセージが出ていたんだ。
ネットでニュースを見ようとしたら今度はインターネットにアクセスできないとか。
おかしいな?、先まで使えていたのに、しまう時にどっか設定を変更してしまったかな?
なんて思っていたんだけど。設定をいくら変えても「回線エラー」のメッセージが出るばかり。
てっきりスマホは壊れたかと思ったんだ。
もう一つのAUのスマホでぐぐってみたら、まさに回線障害とのニュースが。
ところで、この原因がパケット交換機のプログラム更新期限が切れたものとか。
交換器が引退した後、不正に使われないように機能を停止するため使用期限を設定するシステムはよくある話。
日本ばかりではなく、世界中で同じプログラムの使用期限延長手続きをしていなかった亀の回線ダウンが発生していることから、エリクソン側の原因と言うより、ユーザー側の回線キャリア側の設定ミスであることに間違いないでしょう。
システム設定時なのか、運用ミスなのか、人為的ミスには違いない。
ところで、この4時間の間に仕事で使えなかったり、決済や緊急通報などの命に関わることもあったでしょうね。
僕としては、この分の基本料金を返せ!と言いたいね。

Leave a Comment

Gyazmailから抜けられない理由…本当は別のメーラーにしたい

Gyazmailって何?…とお思いの方はMacユーザではありませんね。
そう、Mac用のメーラーなんです。古くからあるシェアウェアのソフトです。
僕が、Windowsでとても便利に使っていた、これもシェアウェアなんですが、Beckyというメーラーからメールマシン用としてMacBookを使い始めたときに、Beckyに似たメーラーを探してたどり着いたのがGyazmailだったんだ。100%満足とは言えなかったんだけど、我慢してスタけるメーラー。
それが、MacOSがMojaveになった途端に、迷惑メールフィルタのSpamSieveが使えなくなったばかりか、Gyazmailもエラーに。メーラーが使えないと仕事にも支障が出るから困った!
数日後、Gyazmailが32Bitでマイナーチャンジしたけど、SpamSieveが使えないのでスパムの嵐。
早く64Bit版を出してほしいと切なる願いをしていたんだ。けど、今日の時点でもリリースされない。
シェアウェアとしてお金を払った意味がなくなっちゃった。フリーソフトじゃないんだから。フリーなら諦めるけど。
そこで、別のメーラーを探すことに。前にも書いたSparkがフリー版でも良いとの結論に至り、これと並行して使っていたんだ。
Sparkは、iPhoneのUIをMac版にしたような感じで、スペックはMac版では無かった。
UIは今流行りで、MacOSのダークモードに対応していたり、カッコイイし、自動でメールを判断してくれる機能もあったりしていいんだけど、僕が一番使えないと思ったのが、メーリングリストからのメールを勝手に既読にしてしまう点。
ユーザーにとって大事ではないメールやマールマガジンなどは、自動的に既読にしてしまう仕様のようです。これは困るんだ。
この機能を変更するプロパティも見当たらないし。
で、結局、今はGyazmailに戻りました。
でも、SparkがバージョンアップしてBeckyに似た仕様になったら、迷わず乗り換えるつもりです。

Leave a Comment

早く来い、64bit版Gyazmail

先日Gyazmailが最新のMac OS Majoveに対応したと思ったら、32bit版だったんだ。
Spam Serveがエラーになっているのはこのせい?
早く64bit版になってほしいな。

Leave a Comment

やっと来ましたGyazmail

Mac OSX mojave公開後約1ヶ月の時を経て、Gyazmailの対応版がリリースされました。
それにしても、長く待ちました。先日は、あまりのバグフィックス時間のため、Speakと言うフリーソフトをインストールしたんだ。
使用して二日間だったため、使い方に慣れないでいたんだ。長年使い慣れたBeckyとGyazmailなので、直感的にカスタマイズができなかった。
メールをフォルダに振り分け方がイマイチ分からない。
Gyazmailが治ったので、しばらくはこれで行こう。
でも、Sparkでこれは欲しいと思った機能は、メール一覧を最近のデザインの縦3列にした時、表示が1行のまま、これを2行とか表示してほしい。
あとは、ダークモードへの対応かな?

Leave a Comment

Macのメーラーについて再考する時期

いつも使っているMacBookのメーラーは、Gyazmail。
シェアソフトだけあって、機能が気に入って使い続けていたんだけど、OSがMac Mojaveになったとたん、バグが。
最新OSがリリースされて1ヶ月になろうとしているんだけど、バグフックスされていないことに、最近はイライラしてきたんだ。
有料なのに、その辺は早く対応して欲しいところ。
メーラーを変えようかと、思い始めていたんだ。
色々なメーラーがあるようなんだけど、評判だったりバグだったりを聞くたびにいいものが見つからない。
そんな中で見つけたのが「Spark」
これは、自分に必要な機能があってしかも無料。UIも使いやすいし、見やすいようだ。
もう少し機能を検討してから導入してみようかと思う。
肝心のSpam対策について知りたいな。

Leave a Comment

Microsoft社のポール・アレンの悲報

う〜ん、時代だなぁ。
MS-DOSとMS-BASICからPCの時代が始まったと言っても間違いない、Microsoftは僕にとっても、リアルタイムでのめり込んでいたし、あこがれでもあったんだよね。
寝る暇も惜しんでプログラミングの楽しさにどっぷり使っていたよ。この時代があったおかげでこうして今も生活ができている。
ありがとう、ポール・アレン。

Leave a Comment

Netbeans8.1でブラウザに読み込めない

Netbeans8.1を使ってHTMLを書いているんだけど、毎回初回にブラウザで確認するとき、編集中のファイルをブラウザへ渡せないでいたんだ。
実行アイコンをクリックしても、ファイルの実行アイコンをクリックしてもブラウザは起動するのに、ブラウザのデフォルトページが表示されるだけ。
しょうが無いから、ファイルのパスをいちいちブラウザに入れてHTMLを表示させていたんだけど、さすがに面倒。Netbeansの説明にもなかなか解決方法が見つからない。Googleで見つからない。
で、長年の苦労が三日間かかって無事解決、ちょっと長かった。
その方法は、Netbeansの外部ブラウザの設定の中にありました。
開いたダイアログのブラウザ指定を外部ブラウザに変更しただけ。
もともと、ツールオプションでブラウザをFirefoxにしていたから、たった、これだけで、編集中のHTMLを実行アイコンをクリックするだけでブラウザが開いて編集中のHTMLが表示されるようになりました。
な〜んだ、たったこれだけか、これで随分非効率的な作業をしていたな。

Leave a Comment

MacOS Mojaveを入れるには早すぎた

先日、僕のMacBookにもMacOS Majaveがやってきました。
非力なMacBook2015でも実用になるのか一瞬ためらったけど、現行のスペックとも違わないんで、使ってみたい衝動に駆られインストールしちゃいました。
直後は、コールドブートが早くなった気がするし、アイコンをクリックしてからのアプリケーションの起動も早い気がします。
これは快適に使えそうだと思ったその時、愛用のメーラーGyazmailがエラー!
SpamSieveの起動に失敗しています。
Gyazmailのサイトで確認したところ、現行バージョンはMajaveには対応していないとメッセージが。
これは困った!メーラーが使えないと大事な仕事のメールが!!
原因はSpamSieveの起動なので、コレを使用しない設定にしてGyazMailを使っていました。おかげで、Spamメールが増えました。
早くバグフィックスしたバーションを配布してほしい。

Comments (1)

iPhone5sにIOS12をインストールした結果

先日発表されたiPhoneの最新機種に全く魅力を感じない一つに、僕の5sにiOSの12がインストールできるからなんだ。
今となっては、昔の機種と呼ばれているけど、僕は、これで満足。何一つ足りないものはない。最新OSが入るなら、とことんサポートが切れるまで使い倒そうと思う。
で、先日、かなり時間をつかってiOS12を入れてもう数週間が経とうとしているけど、一つ、旧バーションより良かった点は、バッテリーの持ちが良くなったこと!
これは、効果あります。以前はバッテリーがヘタってきたな、と思っていたけど、それは、間違いでした。OSが改良された模様です。
あとは、確かにアプリの起動というか、立ち上がりが早くなったような気がします。でも、こちらは気がするだけで、ちゃんと計測すれば個人差くらいの違いかもしれません。
でも、バッテリーが長持ちするのは本当です。

Leave a Comment

Appleの秋の発表

毎年恒例のAppleの新製品発表も終わりましたね。
例年のごとく、iPhoneの新機種発表だけだったね。
僕の場合は、もうMacBookと同額のスマートフォンなんて全然興味が無くなってきちゃった。
実は、アンドロイドと2台持ちなんだけど、アンドロイドだってNexus5Xと言う古いものなんだ。
iPhoneもアンドロイドも最新のiOSにしているけど、使いやすさはアンドロイド!何かと便利。
と、言うわけで今回のiPhoneの発表より、MacBookやMacMiniを期待してたんだけどね。残念だったなぁ。

Leave a Comment

東北大学のスーパーコンピューターを見学

東北大学の金属材料研究所にあるスーパーコンピューター「MASAMUNE-IMR」を見学してきました。
スーパーコンピューターということで、セキュリティがしっかりしたところに設置されているかと思いきや、以外にも建物入ってすぐのところにありちょっと以外でした。
メーカーは、CRAY社のXC50-LCで、並列計算サーバーはスレード40機の構成だそうです。
頂いた、パンフレットによりますと、国内外の研究者に開放されていて利用されているそうです。
このスーパーコンピューターを利用した研究テーマ金属材料のシュミレーションで、新しい材料の発見や改良を原子レベルで計算するそうです。
それにしても、マシンルームは空調の音がすごい。それだけ発熱するということなんですね。

Leave a Comment

職場のDELLデスクトップが機嫌いい

散々悩まされ続けてきた職場のDELLデスクトップPC、2018年5月9日を堺にフリーズすることが無くなったんだ。
その理由は、DELLのオフィシャルサイトからドライバーのupdateを行ったから。
このupdateは、2018年5月上旬にWindows10の大型Updateが配布されるに伴って、不具合が起きないようにとDELLが事前に配ったもの。
このドライバが古いマシンでの不具合や置き去りになったドライバを一掃してくれたんじゃないかな?
そして、先日Windows10のUpdateが職場のPCにも当てられて、無事に終了。あっけなく終わったので少しは期待していたんだけど、このDELLドライバとWindows10の二つがどうやらDELLデスクトップを覚醒させてくれたんだと思いたい。
ちなみに、職場のデスクトップPCのはDELL Optiplex7020というもの。どうか、この先もフリーズが起きませんように!

Leave a Comment

来週の職場が怖い~WindowsUpdate

「Windows 10」の「April 2018 Update」がいよいよ2018年5月8日から自動配信されるらしい。
職場のPCにもいずれ自動更新がやってくるだろう。全従業員の内、数人はWindows7だが、いまやほとんどがWindows10だ。
しかも、古いマシン(Windows7時代からの)が一番厄介。これまでにもWindowsUpdateのたびに不具合が発生しているので、今回もまた仕事が増えると思うとユウツになる。
自分には、5月末までにやらなければならない仕事を抱えているんだ。フウ~、どうか何事もありませんように。

Leave a Comment

マルウェア駆除のその後…安易に安心せず励め

2017年12月にウェブサイトからマルウェアに感染したWindows7。
このブログにアップしたとおり、その後駆除できた模様で、FireFoxで勝手にタブが開いて危険なサイトにジャンプすることは無くなったんだけど…、けど、安心はしない。
駆除から2ヶ月が過ぎようとしているんだけど、どこかに駆除できなかったマルウェアが潜伏していることだってありえるからね。
電源を入れた回数、感染後からの日数などのトリガーで発症することも用心しなくては。
そんな時、マイクロソフトからオフィシャルでマルウェアの駆除があることを知ったんだ。
Windows Defender Offline
Windows Defenderは確かにWindows設定から実行できるし、多くの人はそれを使っていると思う。ただし、それは感染したOS上からのスキャン。
このWindows Defender Offlineとは、Windowsのプレーンな状態でPCを起動してスキャンするもの。これは、オンラインで駆除できなかったマルウェアも駆除できるとされているんだ。
どうやってやるかは、こちらのサイトを参照してほしいんだけど、ざっくり説明するとこんな感じです。

マイクロソフトのサイトから起動用Windows作成ソフトをダウンロード
そのソフトを使ってマイクロソフトからBoot用のWindowsをUSBメモリへ作成
そのUSBメモリからWindowsを起動する。Defenderが自動起動します
あとはスキャン

こんな感じです。マルウェアなどのデータファイルはオンラインで自動でUSBメモリへダウンロードするらしい。だから起動用USBメモリを作っておけば、いつでもスキャンができる。
注意することは、BIOS画面でUSBからBootさせること。PCの起動中にF12を押し続けているとBoot画面になります。
で、クイックスキャンしたら15分で終了し、感染は見つけられなかった。
安心できないので、フルスキャンを実行。
するとどうでしょう。
予備スキャンで、悪意のある、または望ましくない可能性のあるソフトウェアがシステムに存在する可能性が検出されました。スキャンを完了した時点で、検出された項目を確認できます
と表示されました。フルスキャンにかかった時間はおおよそ3時間。ファイルが沢山あるから時間がかかってしまった。
スキャンが終了すると、
PCから18個の潜在的な脅威が検出されました。
と出た。削除する前に詳細で内容を確認すると
TrojanDownloaderやBackdoor:Win32
やらが出てきた。警告レベルはすべて重大だ。しかも状態がアクティブになっている。
と、いうことは、このまま使っていれば発症するに違いない。
更に内容の詳細をみてみると、Downloaderはメールで届いている。トロイの木馬のたぐいだとか。普段から危ないメールは開かないので、発症していなかったと見れ取れる。
Backdoorはその名の通りPCをリモートで操作してしまうもの。
で、これらをすべて削除。
それにしても、ノートンで補足できないファイルもあるもんだな。
ウィルスやマルウエアは気を抜いたらダメだね。

Leave a Comment

chkdsk c: /rの時間

会社のデスクトップがどうにもこうにもフリーズ。
最悪1時間以内に2回も発生したりして、もう仕事にならない。
このマシンは、Windows7から10にupdateしたもの。前任者から引き継いだマシンなので、どのような条件下で行ったかも、直後にどのような不具合が発生したのかも全く不明。
各デバイスのドライバーも最新のものだし、Windowsはバージョンアップを重ねているし。レジストリだってccleanerでキレイにしてるしで、全くお手上げ状態なんだ。ディスクの修正もしてるけど問題なし。
メモリスロットを差し替えても駄目だったし。
残るは、chkdskの手段しか無いか。
そこで、chkdsk c: /r を始めました。
Windowsが終了し、バッチでチェックディスクが始まりました。
そしたら、10%から先に進まなくなった。1時間まっても10%。これはやばいことになったかも?
ネットで調べてみると、よくあることだとか。HDDのアクセスランプが付いているから作業は行っているのだろう。
もう少し様子を見ることにしたんだ。
かれこれ2時間近くなって、偶然にも突然100%まで進み、見事に再起動がかかりWindowsが立ち上がった。
ログを見る暇もなかったので、どこが修復されたか不明だったけど。
chkdsk c: /r は2時間見ておいたほうがいい。慌てずに待つこと。強制終了するとHDDが壊れて起動できなくなる可能性が大きい。
しかし、、、フリーズが治ったわけではなかった。今日もまたフリーズが発生。
もうやっぱし、メーカーが対応していなかったと思うほかない。もう、マイクロソフトもDELLも、よくもまぁこんなPCを世に出してくれたな!この古いPCはWindows7で良かったじゃん。何で10を推奨するんだよー。
そして、シャットダウン直前になぜかWindowsのupdateがかかり自動で再起動がかかった。これでフリーズが解消されるか?
例のメルトダウンかスペクター対策かもしれないし。
次の出社日に期待する。

Leave a Comment

「Spectre」と「Meltdown」

いや〜!凄いなー!
今回のセキュリテイのニュース。「Spectre」と「Meltdown」はすべてのPCに影響をおよぼすんだとか。
IntelのMPUに限らずAMDとかのプロセッサもだと。
世界中にある全てのPCの数はどれくらいなのだろう?
今回のセキュリティの危険性のニュースは大変なことだ。
発見したのは、googleのセキュリティチームという。
発表が2018年にはいってからだけど、すでに2017年には判明していて、Intel側も認めていたと。ことの重大さから対策が整ってから発表したとも受け取れるね。
今回のバグは組み込みのソフトウェアではなくて、アーキテクチャ側にありプロセッサ設計段階からバグはあり、対象のMPUは20年前に遡ったMPUからあるとのこと。
現代がAIの時代で無くてよかったよ。もしAIで世の中なんでも導入されていたら、どこかの人口知能が人類の情報を乗っ取る、または人質にのようにデータを取られてしまうところだった。

Leave a Comment

マルウェア駆除~終了

マルウェアは大変しつこい。
でも、この約2週間、ブラウザ(FireFox)を使っていて、勝手に新しいタブが開いてどっかのサイトに飛ばされることはなくなりました。
駆除方法は、以前に投稿した内容を見て欲しい。
OSのクリーンインストールも覚悟したけど、iTunesでDLした曲があるから止めた。でも、なんとかマルウェアの駆除に成功したっぽい。
フリーソフトをアップしてくれた関係者に感謝したい。

Leave a Comment

デスクトップPCがフリーズする

嫌なことは続くもの。
以前から時々フリーズする職場のデスクトップパソコン。
この師走になり、ますます頻繁にフリーズを繰り返すようになったんだ。
キーボードやマウスまで全く機能しない。本体の電源ボタンを長押しして強制シャットダウン歯科再起動できない。
ディスクチェックもメモリチェックをやっても異常なし。
CCleaner実行しても効果なし。
そこで、フト思いつきました。キーボードもマウスも機能しないということは、HDDではなくてメインメモリがおかしいのでは?
メモリチェックしても異常が無いということは、メモリチップは異常ないということだから、原因はマザーボードということになりますな。
そこで、PCの筐体を開けて、メインメモリカードのスロットを1から2へ差し替えたんだ。
職場のPCは1枚で4GBが刺さっていた。
そうしてみたところ、半日使用してフリーズは再現しなかった。なんかうまく行ってるぽい。
もし、原因不明でフリーズが直らな場合はメモリーカードのスロットを移動してみるといいよ。

Leave a Comment

マルウェア~その後

マルウェアの駆除は、大変!
何度やっても振り出しに戻る。
今、何とか正常になっていると思われるので、これまでやってきた事、その後を残して置こうと思う。
とにかく、マルウェアの駆除は何度も繰り返し行うこと。
この投稿の前のFireFoxのサイトにあったオンラインソフトを全部行い、インストールしているノートンセキュリティのパワーイレーサーも行い、CCleanerも行う。
一度だけ駆除しても残っているものもあると思うので以上を1セットにして3回連続で行う。
これを、数日後にこのセットを3回連続で行う。
数日後に行う理由は、駆除ソフトのパターンが新しく更新されているから。駆除できなかったものも数日後には駆除できるようになる場合がある。
これをやったので、今は少しはマシにブラウザが使えるようになった。
1セット終えるには一晩かかるけど。

Leave a Comment

マルウェア~その後

マルウェアは安心できないね。4日目にもFireFoxがおかしくなった。
どっかのサイトにリダイレクトされる。しかも、そのサイトのURLはなくなっているみたいでページは表示されない。
もちろん、どっかのサイトが表示されるときもある。URLは記録していないが、怪しいサイトかもしれないし、攻撃のターゲットサイトかもしれない。
唯一わかることは、僕のFirefoxを乗っ取って、どっかに飛ばしている。
あの3日間の死闘でも除去できなかった!
でも、今はだいぶマシになったので記録に残しておこう。
まず、直近のフリーソフトのアンインストールをしたので、もう一つ前のフリーソフトもアンインストールする。
そのソフトと言うのは、Microsoft社のメッセージアナライザというもの。マイクロソフトのオフィシャルのフリーソフトでネットワーク上のパケットを分析してくれるもの。
さすがに、マイクロソフト社のソフトだからマルウェアもウィルスも無いだろうと思ったんだけど、とにかく、アンインストールしてみる。使いたくなったら再びDLすればいいからね。
次にやったのは、ノートンのパワーイレーサー。結果は正常。
次に、前にもやった Malwarebytes。結果319個見つかり削除。
次にやったのは、Microsoft Safety Scanner。これもマイクロソフト社のオフィシャルのフリーソフト。マイソロソフトだから、システムに入り込んだマルウェアやウィルスは見つけてくれるだろうという考え。このソフト、インストール型ではなく、DLした実行型ファイルを実行するだけ。システムは何の変更も無い所がいい。
実行後、367個見つかり削除。しかし、「一部をのこして削除」のメッセージ。一部は駆除できなかったということ?
ならば、Windowsのセーフモードでもう一度このソフトで駆除を試みる。
それでも結果は同じだった。
FireFoxを使っていると、はやり現象は再現される。
それはもう、マルウエア駆除ソフト自身の影響だろうと思い、Malwarebytesの常駐うぃ解除して様子を見る。
結果、Google検索なのになぜかYahooにリダイレクトされ、Yahooの検索結果が出る。
そして、思い当たったのが、ForeFoxのアドオンソフトにマルウェアが仕込まれているかも?
僕のFireFoxのアドオンソフトはノートンの他に数個あったんだけど、ひとつづつ無効化にする。
そして、Ablock Plus 3.0.1を無効化してから、リダイレクトの動作は無くなったみたいだ。
これが犯人かどうかは全く不明ですが、少なくとも、正常に動いている。
これで解決したことを願う。
なお、参考にしたサイトはmozillaのオフィシャルサイト
マルウェアが引き起こす問題のトラブルシューティング
追伸)やっぱり駄目だった!マルウェアは駆除されていない!

Leave a Comment

マルウェア感染~3日間の格闘

フリーソフトのユーザー登録をしようと思って登録したサイトがマルウェアの配布元だった。ショック!
それから3日間の格闘を経て回復したと思われる。マルウェアを駆除するまでどんなことを行ったか書き留めておこうと思う。
同じ悩みを持っている人がいると思うので結論を先に書いておこう。
ソフトウェアの紹介サイトベクターから「Malwarebytes.exe」をインストールして実行するだけでマルウェアは駆除できたようだ。リンクは張らないでおくから、色々調べて欲しい。
さて、マルウェアに感染したきっかけは、ある動画編集ソフト。フリーとして評価が良く、使い勝手も良さそう。
早速ダウンロードして使ってみたんだ。練習のつもりでDVDに焼こうと思ったらDVDへの書き込みは有料版しか選択できなかった。
そこで、ユーザー登録を済ませようと入力したサイトからマルウェアをインストールされてしまった。
確かに英語のページで一瞬危ないかも?と思ったんだが、ノートンをインストールしているし気が緩んだ。
改めてもう一度言うと、フリーの動画編集ソフトや開発元のサイトじゃなくて、ユーザー登録サイトを偽装したサイトがマルウェアの感染元だ。
当然、登録したにもかかわらず、何の情報も返ってっこない。
そして、ブラウザのFireFoxでページを移動した所、とたんに、新しいタブが開き画面がマイクロソフト社のページに変わり、音声でウィルスに感染したとかのメッセージが日本語で流れた。ノートンは何で反応しなかった??
ロゴは確かにマイクロソフトのものだけど、URLを見たら「microsoft」まで合っているけど、その後に続けて意味不明の文字列が。つまり、マイクロソフト社とは関係ないサイトだ。ネットで調べたら、案の定。
ダイアログボックスに答えずに「×」で閉じる。そして、ニセページも閉じる。
ウィルスを除去するにはユーザー登録が必要だということだったけど、入力しなかったからIDとパスワードは抜かれなかったと思うが、しかし、その後、FireFoxで時々「pipeschannels.com」のページに勝手にアクセスしてしまう。他にも、「liveadexchanger.com」とかアダルトサイトの登録ページとか。
やられた!感染した!
ノートンはどうした!?
ノートンはスルーしていた。
早速ノートンでウィルスチェックを行うが「見つかれませんでした」。ノートンでは駆除できないんだ。
ネットで情報を集める。
インストールされたと思われるソフトウェアのアンインストールを行うアドバイスがあったが、イントールされたソフトは無かった。そこで、動画編集プログラムをアンインストール。残った作業用フォルダも削除。
Adobe Acrobat readerにも感染するとかの情報も合ったので、アンインストール。
ここまでで、治ったような気がしてたけど、二日目に現象が再現。
Javaのアップデート。何故か1回目はエラーで2回目でインストール完了。でも、治らない。
今度は、ノートンパワーイレーサーを実行。Mediashow_espresso.exeが見つかって、消去。ノートンがレジストリまで修復してくれ、PCの再起動。でも治らない。
今度はWindowsをSafeモードで起動して同じくノートンアンチウィルス&ノートンパワーイレーサーを行うもマルウェアとウィルスは見つけられなかった。
そこでWindowを再起動してコマンドラインでDNSのキャッシュクリア。
ネットで見つけた「F-Secure Oline Scanner.exe」を実行。
FireFoxのWebDeveloperを無効化。
治らない
ノートンパワーイレーサーを再実行すると、今度は「NXP_PRI.stp」とか「extennd_LOAP.exe」とか他にも色々引っかかりその数332個。全部削除。ノートンが再起動を掛けてくれ、再起動時にファイルも削除してくれた。
今度こそ!と思ったけど、治らない!
最後の手段しか無い。ねっとで見つけたマルウェアの駆除ソフト。フリー版でも駆除できるので早速ダウンロードして実行。
この手のマルウェアを駆除すると行っておきながらさらにマルウエアに感染するサイトもあるらしいから慎重になる。
信用できるサイトVecterで紹介されていたので「Malwarebytes.exe」をインストールして実行。幸い日本語版があったので、よかった。
実行した所、19個も見つかった。全部隔離。再起動がかかり隔離したのが11個、8個はファイルだったよう。隔離に成功した物を改めて削除。
このソフト、フリー版の利用期限があるけどPCを起動すると常駐してくれる。
そこで、そのままFireFoxを使ってみたら、勝手にタブがサイトが表示される現象は再現しなくなった。
治ったかも!
そして、今、本当に治ったのか数日検証しているところ。
実に、ここまでたどり着くまで3日間かかったよ。治ってくれていることを願う。
ノートンをしっかり信用していて失敗した。普段から気をつけていたはずだったけど、今回は英語版のサイトでよく確認しなかった自分も反省。
これからあちこちのサイトのパスワードの変更をしなければ。
以上、同じように悩んでいる人の参考にされば幸いだ。

Tags: , ,

Leave a Comment

windowsはクソと取り乱した続き

憂鬱な月曜日を迎えた続きを書き残そうと思う。
月曜日の朝、やっぱりOfficeソフトはどれも起動しない。ネットで見かけたディスプレイドライバーの不具合についてもその対象のドライバは使っていなかった。
最後の手段しかない、そう、Fall Creatorsの一つ前に戻すこと。
で、やってみた。しばらくしてOSが再起動しログインもできた。ショートカットアイコンも戻っていた。
メールを確認しようとOutlookを起動。うまく起動できた!とおもったら、エラーのメッセージ。Fall Creatorsではウントモスントも言わんかったからメッセージが出るだけまし。
バーションアップのおかげでOfficeが壊れた様子。
オンラインで修正をかけて完了。
Outlookを起動したら、ライセンス承認が必要だとか。
いまさらシリアル番号はわからないよ!職場のPCだから資料が残っていたからなんとか再承認ができたけど。
そして、やっとの思いでOfficeソフトが使えるように復旧出来ました。
思い返してみれば、Fall CreatorsでOfficeが起動できない時は修正プログラムを行えば良いとのアドバイスもあったけど、もしかしたら、これでも良かったのかもしれない。
ライセンスの再承認を行えば新しいOSのまま使えたのかもね。
それにしても、マイクロソフトのできの悪いOSで本当に迷惑だ。これで仕事が2日潰れたし、精神衛生的に三日間の憂鬱な日を過ごすことになったよ!

Leave a Comment

WindowsはクソOSだな

WindowsはいつからクソOSに成り下がったんだ!って思わず言いたくなったよ。
職場のデスクトップPCのWindows10が午後になって右下に、Windows更新の準備が整ったとかいうメッセージが出ていたんだ。
いつもなら、時間がかかることなんでスルーしていたんだけど、午後から席を外して作業しなくちゃならないことがあるから、その間に帰社時間まで終わってくれればいいや、と思って「更新して再起動」なんてメニューをクリックしたことがこの怒りの原因。
作業が終わってみるとWindows Fall Creators Updateが終了していて、OSの再インストールのような画面になっていたんだ。
そのまま、続けて行き(途中Windowsのライセンスキーの入力を求められたけど、8からのVerUpだしライセンスキーなんてわからないからスキップしたけど)問題なく最新のWindows10になりました。
帰社の前にメールでも確認仕様と思ってOutlook(使いたくはないけど職場でのデフォルトだから)を起動したら、うんともすんとも言わない。起動しないんだ。OutlookだけじゃなかったOffice全部が起動しないんだ。
原因が分からず、金曜日の夜に残業したくないからそのままにして帰宅。
そして、今、ネットで調べてみたら同じ現象が多数発生しているらしい。
しかも、マイクロソフトのオフィシャルからは現在対応中とかで解決策無し。
それで、この怒り!わかってもらえるでしょ!
これで何度目だ!OSのバージョンアップでバグ出しやがって!クソOSめ!
いかんいかん、つい取り乱してしまった。月曜日の朝が憂鬱だよ。仕事できないよ。

Leave a Comment

前のバージョンの方がよかったぞ!FireFoxQuantim

FireFoxをつかっているんだけど(Mozilla時代からずっと)、この度バーションアップのお知らせが届いたので最新バーションにしたんだけど、なんか、前のバーションの方がよかったぞ。
最新バーションはFireFox Quantumというもの。
何が不満かといえば、テーマ。特に、タブの形が四角くなってよろしくありません。
前のカーブのついたタブデザインの方が良かったのに!
今のところ、ユーザーに夜テーマでもタブの形を変えるものまではアップされていないんだ。

Tags:

Leave a Comment

Gyazmailがバージョンアップ

MacBook2015のOSを最新のHigh sierraにしたところ、Gyazmailの起動が遅くなっちゃった。
僕だけの現象?ネットでこんな書き込みを見つけられなかったので、しかたがないなぁ、って思いながら時々Gyazmailの最新バーションをチェックしていたんだ。
今日もHigh sierraに対応していることを願いつつバーションチェックしたところ、上がっていた!
しかも今日からのすごいタイミング。
早速最新の1.5.19をダウンロードしたところ、起動が早くなった!よかった!

Leave a Comment

MacBook2015のきしむ音

オークションで手に入れたMacBook2015スペースグレイ。
ホント、オークションとは言え安い買い物でした。前の初代MacBookアルミボディも長年使い続けてきたので愛着はあります。
でも、最新機種はそれなりに気持ちよく使えます。
キーボードも打ちやすいし、SDDなので起動が早い。
そんなMacBookですが、一つだけ気になった点が。
ボディを持った時のきしみ音。画面のヒンジではなくて、本体の裏から聞こえます。はじめは「中古だし、こんなもんか」と考えていたんですが、気になりだしたら頭から離れなくなってしまって。
そして、ついにAMAZONからMacBookAir用の星形ドライバーを購入したんだ。商品より送料が高いという安い商品でしたが、先ほどこのドライバーで裏蓋のネジを締め直したところ、きしみ音は改善しました。全く無くなったわけでは無いですが、ほとんどならない状態まで改善が見られたんだ。
購入してよかった!

Leave a Comment

iMac Early2008が起動しない!

iMac 20inch Early2008が起動しないと持ち込まれたんだ。
電源を入れるとアップルマークは表示されるものの、MacOSは起動しない。
もう、HDDが死んでしまった模様。
さぁてどうするか?ネットで色々調べて色々試しました。
まず、電源ケーブルを抜いてしばらくしてから電源を入れる方法や、キーボードを押しながら電源を入れる方法。
それが幸を評したのか、運良く起動できた、けど、重い。何をするにも時間がかかる。
すぐに、HDDの修復を行ったら、いろいろ赤文字が出てきたよ。終わりそうもなかったのでしばらく放おっておいたら、無事に終了した模様。早速再起動。
が、しかし。
今度はアップルマークどころか?マークが!
もうこれは、HDDからブートできていないということ。
そこで、HDD内のリカバリから起動して、またもや色々やってはみたもののどれも効果が無かったよ。
再びインターネットで検索したところ、最後に見つけたのが「セーフモード」で起動させることだとか。
時間がものすごくかかったけどセーフモードで起動できたので、すぐに再起動。
なんでも、セーフモードで起動することによってHDD内のメンテナンスが完了しているんだとか。
そうしたら、時間はかかるけどMacOSが起動できました。
でも、動作はおかしい、何をするにも時間がかかる。HDDが飛んだのでこのまま使うわけには行かないから、とりあえず中身をバックアップ中。
買い換えることになりそうですね。

Leave a Comment

今のMacBookにして一番良かったこと

MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)にして一番よかったこと。
それは、神経質に扱わなくてもよくなったこと。
これまでのMacBook (13-inch, Aluminum, Late 2008)はHDDだったので、いつもそぉ〜と扱っていました。HDDが飛んだらパーですもん。
今は、SSDだからデータが飛ぶ心配が不要。
気兼ねなくガシガシ使える様になり嬉しい。

Tags:

Leave a Comment

さぁ困った、MacBook2015

とっても気に入ったMacBook2015。
ただ一つの難点がUSB-Cポートが一つだけってこと。
タイムマシンでバックアップ作業をしてるんだけど、僕の場合USBでHDDを直付けしているんだ。
すると、USB-Cポートが塞がっちゃう。
バックアップ終了まで残り2時間と表示されいるから、これからのバックアップはフル充電してからでないと心配になっちゃうね。

Tags:

Leave a Comment

HDDを交換したらWindows Updateができなくなった問題

ブログにアップした通り、デスクトップはHDDをRAID1にして2本のHDDとも新規のものに交換したんだ。
その後、Windows7のブルーエラーが出て、回復したところまでは良かったんだけれど、その後、Windows Updateができなくなったんだ。
表示されるエラーメッセージは
現在サービスが実行されていないため、Windows Update で更新プログラムを確認できません。このコンピューターの再起動が必要な可能性があります。
サービスを見ても、自動起動なんだよな。
原因が分からず、ネットで調べてみたら解決しました。
まさにこちらのサイトの通り、HDDのドライバが原因でした。ドライバのUpdateで、無事Windows Updateも終わり最新になりました。
これで一安心です。

Tags:

Leave a Comment

Apple USB-C 充電ケーブル交換プログラム

Yahooオークションで手に入れたMacBook2015。
何気にAppleのオフィシャルサイトを見ていたら「Apple USB-C 充電ケーブル交換プログラム」と言うのをやっていました。
何でも充電できなかったりするらしい。
そこで、さっそく自分のケーブルを見てみたら、まさにその交換対象のケーブルでした。
まあ、これを機会にアップルストアに行くきっかけにもなったんだけどね。

Tags:

Leave a Comment

新しいMacBook2015使ってみた

新しく我が家にやってきたMacBook2015スペースグレイ。
使ってみた感想なんだけど、すこぶるいい!オークションで手に入れたんだけど全く問題なし。
キーボード入力は、こっちの方がタイプしやすいな。
一番気に入ったのは、Reteina。動画が綺麗!

Tags:

Leave a Comment

初めてのmacOS Serria

MacBook2015でOSもEl capitanからSerriaになったんだけど。
ちょっと、勘違いしたことがあるんだ。
YouTubeなど、Serriaではピクチャ・イン・ピクチャと言う機能があり、動画再生画面を独立して表示させる機能だとか。
さっそく、トライしてみたけど表示されなかったよ。おかしいな~って思っていたら、このピクチャーインピクチャーに対応した App (Safari、iTunes など) でなければならないんとか。僕が使っているFireFoxは非対応のアプリだったんだ。
こればっかりは、Firefoxのバージョンアップを待とうと思う。

Tags:

Leave a Comment

MacBookからMacBookへ世代交代

ついに、ノートPCを世代交代したんだ。
今日の午前中まで使用していたのは
MacBook(13-inch, Late 2008)と言うアルミニウムMacBookの初代。
そして、今使っているのは
MacBook(Retaina, 12-inch, Early 2015)と言うAirではない薄型MacBookの初代。色はスペースグレイ。
オークションで手に入れたんだ。
旧マシンでもメールを使う分には不自由が無かったんだけど、どうにもこうにも2Kgを超える重さに耐え切れなくなったことと、OSをEL Captanにしてから熱がすごいことになってしまい、もはやラップトップとしては使えなくなったこと。
この2つの理由から買い換えることにしたんだ。
オークションなので、使用感はあるものの全然気にならない(個人差だけど)程度のものだったので中古でもいい買い物だったんだ。
しかも、OSが最新のMacOS Sierra。これで、またOSの最新バーsジョンがしばらく使いつづけられそう。
さて、データやアプリやらの移行もMacにお任せと思ったら、結構たいへんだったよ。
移行アシスタントを使ったんだけど、まず新MacBookで無線LANに接続しなくちゃ。
そして、データーを移行開始したら、ユーザーアカウントの移行完了後らしきところで原因不明の無線LAN接続不能。LANのパスワードを何度も入れなおしてもつながらない。アシスタントでログを取って見ても内容はさっぱりチンプンカンプン。
並んだ末、しょうが無いので再起動したところあっさり無線LANが接続できた!なんで??
そして、もう一度移行アシストでデーター移行作業に入りました。無線LAN経由だったので約4時間位かかった。この作業中は夕食を食べに行ってました。帰ってみたら無事に完了したメッセージが。
iCloudの再設定やら色々再設定、MS-Officeのプロダクトキーの再設定などして、一通りの作業が完了です。
今のところ、アプリの起動が早くてとてもいい!キーボード入力もいい!
これで、持ち運びが楽になるよ。

Tags:

Leave a Comment

出た!Windows7ブルースクリーン!そして起動不能

ついに僕のデスクトップPC(Windows7)でブルー・スクリーンが出た!
実は、12時間前にも出ていたらしい。その時は離席していたのでわからなかったけど、戻ってみたら何故かログインの画面が。どうやら自動再起動なったらしい。
そして、ついにブルースクリーンを目撃することに。
iTunesを終えてYouTubeを見ていたらブルー画面に。エラー内容を確かめようにもすぐに再起動がかかる。
セーフモードで起動して、起動を確かめて再度ノーマルで再起動を行う。今までは、これで無事に治っていただけど。
1回目はOK。ログインしていつものデスクトップ画面が出た途端にまたブルー。
これは重症だ。
気持ちを落ち着かせてセーフモードからWindowsの復元ポイントの修復を行ってみる。
ネットでは、ひとつ前で十分ということだったけど、実は、iTunesの最新バーションアップをができなかったり、初めて見るエラーメッセージが出たりで、iTunesの前に戻そうかと思ったけど、ひとつ前の復元ポイントに戻したんだ。
修復画面がでてしばらく待っていたら、再起動を2回ほどしていつものWindows7のログイン画面に。ログインも無事にできた!
うれしい!
でも、HDDのアクセスランプが点きっぱなしなので、しばらくは何もしないで様子を見よう。
再びエラーにならないことを願うばかりだ。

Tags:

Leave a Comment

iTunes12.6.2がダウンロードできない

iTunesの最新バージョンiTunes12.6.2が公開されたみたいで、Windows7でもアップデートの案内が表示されたんだ。
早速、いつものようにダウンロードを開始した所、エラーメッセジが。
無効な署名が含まれています。インストールできません
おかしいな~、いつもはすんなりダウンロードしていたのに。初めて見るメッセージで戸惑ってしまった。
ネットで調べてみたけど、最新バージョンでこのメッセージに対する対応は出てこなかった。あるサイトでは、バージョンアップじゃなくて直接ダウンロードしてインストールしてみよ、と言うのがあったので、結局解決策はこれ以外見つからなかったんだ。
アップルのサイトから直接Windows用の最新版のセットアッププログラムをダウンロードして起動。しばらく待って、レジストリも書き換えたらしいのでPCのの再起動。これですんなり最新版がインストールできました。
音源のデーターも無事でした。
Windowsっていつまでこんな面倒なトラブルが続くんだろうか。その点、Macはほっといてもこれまでトラブルは一度もないのになぁ。

Tags:

Leave a Comment

RAID1でHDD1台でしたが、追加しました

劣化したHDDからミラーリング化して、新規HDDに丸ごとデータをコピー可した後は、劣化したHDDをRAID1を解かずにそのまま外したところまでは前回のブログに書いた通り。
起動時にミラーリングのHDDが足りないとのBIOSからのメッセージが出るのが気になるので、新たにHDDがを追加購入。ミラーリングすると1台のHDDが故障してももう1台のHDDから起動できるので安心。何時かは壊れるHDDからならミラーリングのまま使ったほうがいいに決まっているのでね。
そして、HDDを入れてミラーリングの再構築を始めました。最後までうまくいくことを見守っている所。
これで、安心して使えるよ。まだWindows7だけど。サポートが終了するまでは使い続けるつもり。

Tags:

Leave a Comment

このページの先頭へ