Entries in the ‘PCハードウェアやソフト’ Category:

職場のDELLデスクトップが機嫌いい

散々悩まされ続けてきた職場のDELLデスクトップPC、2018年5月9日を堺にフリーズすることが無くなったんだ。
その理由は、DELLのオフィシャルサイトからドライバーのupdateを行ったから。
このupdateは、2018年5月上旬にWindows10の大型Updateが配布されるに伴って、不具合が起きないようにとDELLが事前に配ったもの。
このドライバが古いマシンでの不具合や置き去りになったドライバを一掃してくれたんじゃないかな?
そして、先日Windows10のUpdateが職場のPCにも当てられて、無事に終了。あっけなく終わったので少しは期待していたんだけど、このDELLドライバとWindows10の二つがどうやらDELLデスクトップを覚醒させてくれたんだと思いたい。
ちなみに、職場のデスクトップPCのはDELL Optiplex7020というもの。どうか、この先もフリーズが起きませんように!

Leave a Comment

来週の職場が怖い~WindowsUpdate

「Windows 10」の「April 2018 Update」がいよいよ2018年5月8日から自動配信されるらしい。
職場のPCにもいずれ自動更新がやってくるだろう。全従業員の内、数人はWindows7だが、いまやほとんどがWindows10だ。
しかも、古いマシン(Windows7時代からの)が一番厄介。これまでにもWindowsUpdateのたびに不具合が発生しているので、今回もまた仕事が増えると思うとユウツになる。
自分には、5月末までにやらなければならない仕事を抱えているんだ。フウ~、どうか何事もありませんように。

Leave a Comment

マルウェア駆除のその後…安易に安心せず励め

2017年12月にウェブサイトからマルウェアに感染したWindows7。
このブログにアップしたとおり、その後駆除できた模様で、FireFoxで勝手にタブが開いて危険なサイトにジャンプすることは無くなったんだけど…、けど、安心はしない。
駆除から2ヶ月が過ぎようとしているんだけど、どこかに駆除できなかったマルウェアが潜伏していることだってありえるからね。
電源を入れた回数、感染後からの日数などのトリガーで発症することも用心しなくては。
そんな時、マイクロソフトからオフィシャルでマルウェアの駆除があることを知ったんだ。
Windows Defender Offline
Windows Defenderは確かにWindows設定から実行できるし、多くの人はそれを使っていると思う。ただし、それは感染したOS上からのスキャン。
このWindows Defender Offlineとは、Windowsのプレーンな状態でPCを起動してスキャンするもの。これは、オンラインで駆除できなかったマルウェアも駆除できるとされているんだ。
どうやってやるかは、こちらのサイトを参照してほしいんだけど、ざっくり説明するとこんな感じです。

マイクロソフトのサイトから起動用Windows作成ソフトをダウンロード
そのソフトを使ってマイクロソフトからBoot用のWindowsをUSBメモリへ作成
そのUSBメモリからWindowsを起動する。Defenderが自動起動します
あとはスキャン

こんな感じです。マルウェアなどのデータファイルはオンラインで自動でUSBメモリへダウンロードするらしい。だから起動用USBメモリを作っておけば、いつでもスキャンができる。
注意することは、BIOS画面でUSBからBootさせること。PCの起動中にF12を押し続けているとBoot画面になります。
で、クイックスキャンしたら15分で終了し、感染は見つけられなかった。
安心できないので、フルスキャンを実行。
するとどうでしょう。
予備スキャンで、悪意のある、または望ましくない可能性のあるソフトウェアがシステムに存在する可能性が検出されました。スキャンを完了した時点で、検出された項目を確認できます
と表示されました。フルスキャンにかかった時間はおおよそ3時間。ファイルが沢山あるから時間がかかってしまった。
スキャンが終了すると、
PCから18個の潜在的な脅威が検出されました。
と出た。削除する前に詳細で内容を確認すると
TrojanDownloaderやBackdoor:Win32
やらが出てきた。警告レベルはすべて重大だ。しかも状態がアクティブになっている。
と、いうことは、このまま使っていれば発症するに違いない。
更に内容の詳細をみてみると、Downloaderはメールで届いている。トロイの木馬のたぐいだとか。普段から危ないメールは開かないので、発症していなかったと見れ取れる。
Backdoorはその名の通りPCをリモートで操作してしまうもの。
で、これらをすべて削除。
それにしても、ノートンで補足できないファイルもあるもんだな。
ウィルスやマルウエアは気を抜いたらダメだね。

Leave a Comment

chkdsk c: /rの時間

会社のデスクトップがどうにもこうにもフリーズ。
最悪1時間以内に2回も発生したりして、もう仕事にならない。
このマシンは、Windows7から10にupdateしたもの。前任者から引き継いだマシンなので、どのような条件下で行ったかも、直後にどのような不具合が発生したのかも全く不明。
各デバイスのドライバーも最新のものだし、Windowsはバージョンアップを重ねているし。レジストリだってccleanerでキレイにしてるしで、全くお手上げ状態なんだ。ディスクの修正もしてるけど問題なし。
メモリスロットを差し替えても駄目だったし。
残るは、chkdskの手段しか無いか。
そこで、chkdsk c: /r を始めました。
Windowsが終了し、バッチでチェックディスクが始まりました。
そしたら、10%から先に進まなくなった。1時間まっても10%。これはやばいことになったかも?
ネットで調べてみると、よくあることだとか。HDDのアクセスランプが付いているから作業は行っているのだろう。
もう少し様子を見ることにしたんだ。
かれこれ2時間近くなって、偶然にも突然100%まで進み、見事に再起動がかかりWindowsが立ち上がった。
ログを見る暇もなかったので、どこが修復されたか不明だったけど。
chkdsk c: /r は2時間見ておいたほうがいい。慌てずに待つこと。強制終了するとHDDが壊れて起動できなくなる可能性が大きい。
しかし、、、フリーズが治ったわけではなかった。今日もまたフリーズが発生。
もうやっぱし、メーカーが対応していなかったと思うほかない。もう、マイクロソフトもDELLも、よくもまぁこんなPCを世に出してくれたな!この古いPCはWindows7で良かったじゃん。何で10を推奨するんだよー。
そして、シャットダウン直前になぜかWindowsのupdateがかかり自動で再起動がかかった。これでフリーズが解消されるか?
例のメルトダウンかスペクター対策かもしれないし。
次の出社日に期待する。

Leave a Comment

「Spectre」と「Meltdown」

いや〜!凄いなー!
今回のセキュリテイのニュース。「Spectre」と「Meltdown」はすべてのPCに影響をおよぼすんだとか。
IntelのMPUに限らずAMDとかのプロセッサもだと。
世界中にある全てのPCの数はどれくらいなのだろう?
今回のセキュリティの危険性のニュースは大変なことだ。
発見したのは、googleのセキュリティチームという。
発表が2018年にはいってからだけど、すでに2017年には判明していて、Intel側も認めていたと。ことの重大さから対策が整ってから発表したとも受け取れるね。
今回のバグは組み込みのソフトウェアではなくて、アーキテクチャ側にありプロセッサ設計段階からバグはあり、対象のMPUは20年前に遡ったMPUからあるとのこと。
現代がAIの時代で無くてよかったよ。もしAIで世の中なんでも導入されていたら、どこかの人口知能が人類の情報を乗っ取る、または人質にのようにデータを取られてしまうところだった。

Leave a Comment

マルウェア駆除~終了

マルウェアは大変しつこい。
でも、この約2週間、ブラウザ(FireFox)を使っていて、勝手に新しいタブが開いてどっかのサイトに飛ばされることはなくなりました。
駆除方法は、以前に投稿した内容を見て欲しい。
OSのクリーンインストールも覚悟したけど、iTunesでDLした曲があるから止めた。でも、なんとかマルウェアの駆除に成功したっぽい。
フリーソフトをアップしてくれた関係者に感謝したい。

Leave a Comment

デスクトップPCがフリーズする

嫌なことは続くもの。
以前から時々フリーズする職場のデスクトップパソコン。
この師走になり、ますます頻繁にフリーズを繰り返すようになったんだ。
キーボードやマウスまで全く機能しない。本体の電源ボタンを長押しして強制シャットダウン歯科再起動できない。
ディスクチェックもメモリチェックをやっても異常なし。
CCleaner実行しても効果なし。
そこで、フト思いつきました。キーボードもマウスも機能しないということは、HDDではなくてメインメモリがおかしいのでは?
メモリチェックしても異常が無いということは、メモリチップは異常ないということだから、原因はマザーボードということになりますな。
そこで、PCの筐体を開けて、メインメモリカードのスロットを1から2へ差し替えたんだ。
職場のPCは1枚で4GBが刺さっていた。
そうしてみたところ、半日使用してフリーズは再現しなかった。なんかうまく行ってるぽい。
もし、原因不明でフリーズが直らな場合はメモリーカードのスロットを移動してみるといいよ。

Leave a Comment

マルウェア~その後

マルウェアの駆除は、大変!
何度やっても振り出しに戻る。
今、何とか正常になっていると思われるので、これまでやってきた事、その後を残して置こうと思う。
とにかく、マルウェアの駆除は何度も繰り返し行うこと。
この投稿の前のFireFoxのサイトにあったオンラインソフトを全部行い、インストールしているノートンセキュリティのパワーイレーサーも行い、CCleanerも行う。
一度だけ駆除しても残っているものもあると思うので以上を1セットにして3回連続で行う。
これを、数日後にこのセットを3回連続で行う。
数日後に行う理由は、駆除ソフトのパターンが新しく更新されているから。駆除できなかったものも数日後には駆除できるようになる場合がある。
これをやったので、今は少しはマシにブラウザが使えるようになった。
1セット終えるには一晩かかるけど。

Leave a Comment

マルウェア~その後

マルウェアは安心できないね。4日目にもFireFoxがおかしくなった。
どっかのサイトにリダイレクトされる。しかも、そのサイトのURLはなくなっているみたいでページは表示されない。
もちろん、どっかのサイトが表示されるときもある。URLは記録していないが、怪しいサイトかもしれないし、攻撃のターゲットサイトかもしれない。
唯一わかることは、僕のFirefoxを乗っ取って、どっかに飛ばしている。
あの3日間の死闘でも除去できなかった!
でも、今はだいぶマシになったので記録に残しておこう。
まず、直近のフリーソフトのアンインストールをしたので、もう一つ前のフリーソフトもアンインストールする。
そのソフトと言うのは、Microsoft社のメッセージアナライザというもの。マイクロソフトのオフィシャルのフリーソフトでネットワーク上のパケットを分析してくれるもの。
さすがに、マイクロソフト社のソフトだからマルウェアもウィルスも無いだろうと思ったんだけど、とにかく、アンインストールしてみる。使いたくなったら再びDLすればいいからね。
次にやったのは、ノートンのパワーイレーサー。結果は正常。
次に、前にもやった Malwarebytes。結果319個見つかり削除。
次にやったのは、Microsoft Safety Scanner。これもマイクロソフト社のオフィシャルのフリーソフト。マイソロソフトだから、システムに入り込んだマルウェアやウィルスは見つけてくれるだろうという考え。このソフト、インストール型ではなく、DLした実行型ファイルを実行するだけ。システムは何の変更も無い所がいい。
実行後、367個見つかり削除。しかし、「一部をのこして削除」のメッセージ。一部は駆除できなかったということ?
ならば、Windowsのセーフモードでもう一度このソフトで駆除を試みる。
それでも結果は同じだった。
FireFoxを使っていると、はやり現象は再現される。
それはもう、マルウエア駆除ソフト自身の影響だろうと思い、Malwarebytesの常駐うぃ解除して様子を見る。
結果、Google検索なのになぜかYahooにリダイレクトされ、Yahooの検索結果が出る。
そして、思い当たったのが、ForeFoxのアドオンソフトにマルウェアが仕込まれているかも?
僕のFireFoxのアドオンソフトはノートンの他に数個あったんだけど、ひとつづつ無効化にする。
そして、Ablock Plus 3.0.1を無効化してから、リダイレクトの動作は無くなったみたいだ。
これが犯人かどうかは全く不明ですが、少なくとも、正常に動いている。
これで解決したことを願う。
なお、参考にしたサイトはmozillaのオフィシャルサイト
マルウェアが引き起こす問題のトラブルシューティング
追伸)やっぱり駄目だった!マルウェアは駆除されていない!

Leave a Comment

マルウェア感染~3日間の格闘

フリーソフトのユーザー登録をしようと思って登録したサイトがマルウェアの配布元だった。ショック!
それから3日間の格闘を経て回復したと思われる。マルウェアを駆除するまでどんなことを行ったか書き留めておこうと思う。
同じ悩みを持っている人がいると思うので結論を先に書いておこう。
ソフトウェアの紹介サイトベクターから「Malwarebytes.exe」をインストールして実行するだけでマルウェアは駆除できたようだ。リンクは張らないでおくから、色々調べて欲しい。
さて、マルウェアに感染したきっかけは、ある動画編集ソフト。フリーとして評価が良く、使い勝手も良さそう。
早速ダウンロードして使ってみたんだ。練習のつもりでDVDに焼こうと思ったらDVDへの書き込みは有料版しか選択できなかった。
そこで、ユーザー登録を済ませようと入力したサイトからマルウェアをインストールされてしまった。
確かに英語のページで一瞬危ないかも?と思ったんだが、ノートンをインストールしているし気が緩んだ。
改めてもう一度言うと、フリーの動画編集ソフトや開発元のサイトじゃなくて、ユーザー登録サイトを偽装したサイトがマルウェアの感染元だ。
当然、登録したにもかかわらず、何の情報も返ってっこない。
そして、ブラウザのFireFoxでページを移動した所、とたんに、新しいタブが開き画面がマイクロソフト社のページに変わり、音声でウィルスに感染したとかのメッセージが日本語で流れた。ノートンは何で反応しなかった??
ロゴは確かにマイクロソフトのものだけど、URLを見たら「microsoft」まで合っているけど、その後に続けて意味不明の文字列が。つまり、マイクロソフト社とは関係ないサイトだ。ネットで調べたら、案の定。
ダイアログボックスに答えずに「×」で閉じる。そして、ニセページも閉じる。
ウィルスを除去するにはユーザー登録が必要だということだったけど、入力しなかったからIDとパスワードは抜かれなかったと思うが、しかし、その後、FireFoxで時々「pipeschannels.com」のページに勝手にアクセスしてしまう。他にも、「liveadexchanger.com」とかアダルトサイトの登録ページとか。
やられた!感染した!
ノートンはどうした!?
ノートンはスルーしていた。
早速ノートンでウィルスチェックを行うが「見つかれませんでした」。ノートンでは駆除できないんだ。
ネットで情報を集める。
インストールされたと思われるソフトウェアのアンインストールを行うアドバイスがあったが、イントールされたソフトは無かった。そこで、動画編集プログラムをアンインストール。残った作業用フォルダも削除。
Adobe Acrobat readerにも感染するとかの情報も合ったので、アンインストール。
ここまでで、治ったような気がしてたけど、二日目に現象が再現。
Javaのアップデート。何故か1回目はエラーで2回目でインストール完了。でも、治らない。
今度は、ノートンパワーイレーサーを実行。Mediashow_espresso.exeが見つかって、消去。ノートンがレジストリまで修復してくれ、PCの再起動。でも治らない。
今度はWindowsをSafeモードで起動して同じくノートンアンチウィルス&ノートンパワーイレーサーを行うもマルウェアとウィルスは見つけられなかった。
そこでWindowを再起動してコマンドラインでDNSのキャッシュクリア。
ネットで見つけた「F-Secure Oline Scanner.exe」を実行。
FireFoxのWebDeveloperを無効化。
治らない
ノートンパワーイレーサーを再実行すると、今度は「NXP_PRI.stp」とか「extennd_LOAP.exe」とか他にも色々引っかかりその数332個。全部削除。ノートンが再起動を掛けてくれ、再起動時にファイルも削除してくれた。
今度こそ!と思ったけど、治らない!
最後の手段しか無い。ねっとで見つけたマルウェアの駆除ソフト。フリー版でも駆除できるので早速ダウンロードして実行。
この手のマルウェアを駆除すると行っておきながらさらにマルウエアに感染するサイトもあるらしいから慎重になる。
信用できるサイトVecterで紹介されていたので「Malwarebytes.exe」をインストールして実行。幸い日本語版があったので、よかった。
実行した所、19個も見つかった。全部隔離。再起動がかかり隔離したのが11個、8個はファイルだったよう。隔離に成功した物を改めて削除。
このソフト、フリー版の利用期限があるけどPCを起動すると常駐してくれる。
そこで、そのままFireFoxを使ってみたら、勝手にタブがサイトが表示される現象は再現しなくなった。
治ったかも!
そして、今、本当に治ったのか数日検証しているところ。
実に、ここまでたどり着くまで3日間かかったよ。治ってくれていることを願う。
ノートンをしっかり信用していて失敗した。普段から気をつけていたはずだったけど、今回は英語版のサイトでよく確認しなかった自分も反省。
これからあちこちのサイトのパスワードの変更をしなければ。
以上、同じように悩んでいる人の参考にされば幸いだ。

Tags: , ,

Leave a Comment

windowsはクソと取り乱した続き

憂鬱な月曜日を迎えた続きを書き残そうと思う。
月曜日の朝、やっぱりOfficeソフトはどれも起動しない。ネットで見かけたディスプレイドライバーの不具合についてもその対象のドライバは使っていなかった。
最後の手段しかない、そう、Fall Creatorsの一つ前に戻すこと。
で、やってみた。しばらくしてOSが再起動しログインもできた。ショートカットアイコンも戻っていた。
メールを確認しようとOutlookを起動。うまく起動できた!とおもったら、エラーのメッセージ。Fall Creatorsではウントモスントも言わんかったからメッセージが出るだけまし。
バーションアップのおかげでOfficeが壊れた様子。
オンラインで修正をかけて完了。
Outlookを起動したら、ライセンス承認が必要だとか。
いまさらシリアル番号はわからないよ!職場のPCだから資料が残っていたからなんとか再承認ができたけど。
そして、やっとの思いでOfficeソフトが使えるように復旧出来ました。
思い返してみれば、Fall CreatorsでOfficeが起動できない時は修正プログラムを行えば良いとのアドバイスもあったけど、もしかしたら、これでも良かったのかもしれない。
ライセンスの再承認を行えば新しいOSのまま使えたのかもね。
それにしても、マイクロソフトのできの悪いOSで本当に迷惑だ。これで仕事が2日潰れたし、精神衛生的に三日間の憂鬱な日を過ごすことになったよ!

Leave a Comment

WindowsはクソOSだな

WindowsはいつからクソOSに成り下がったんだ!って思わず言いたくなったよ。
職場のデスクトップPCのWindows10が午後になって右下に、Windows更新の準備が整ったとかいうメッセージが出ていたんだ。
いつもなら、時間がかかることなんでスルーしていたんだけど、午後から席を外して作業しなくちゃならないことがあるから、その間に帰社時間まで終わってくれればいいや、と思って「更新して再起動」なんてメニューをクリックしたことがこの怒りの原因。
作業が終わってみるとWindows Fall Creators Updateが終了していて、OSの再インストールのような画面になっていたんだ。
そのまま、続けて行き(途中Windowsのライセンスキーの入力を求められたけど、8からのVerUpだしライセンスキーなんてわからないからスキップしたけど)問題なく最新のWindows10になりました。
帰社の前にメールでも確認仕様と思ってOutlook(使いたくはないけど職場でのデフォルトだから)を起動したら、うんともすんとも言わない。起動しないんだ。OutlookだけじゃなかったOffice全部が起動しないんだ。
原因が分からず、金曜日の夜に残業したくないからそのままにして帰宅。
そして、今、ネットで調べてみたら同じ現象が多数発生しているらしい。
しかも、マイクロソフトのオフィシャルからは現在対応中とかで解決策無し。
それで、この怒り!わかってもらえるでしょ!
これで何度目だ!OSのバージョンアップでバグ出しやがって!クソOSめ!
いかんいかん、つい取り乱してしまった。月曜日の朝が憂鬱だよ。仕事できないよ。

Leave a Comment

前のバージョンの方がよかったぞ!FireFoxQuantim

FireFoxをつかっているんだけど(Mozilla時代からずっと)、この度バーションアップのお知らせが届いたので最新バーションにしたんだけど、なんか、前のバーションの方がよかったぞ。
最新バーションはFireFox Quantumというもの。
何が不満かといえば、テーマ。特に、タブの形が四角くなってよろしくありません。
前のカーブのついたタブデザインの方が良かったのに!
今のところ、ユーザーに夜テーマでもタブの形を変えるものまではアップされていないんだ。

Tags:

Leave a Comment

Gyazmailがバージョンアップ

MacBook2015のOSを最新のHigh sierraにしたところ、Gyazmailの起動が遅くなっちゃった。
僕だけの現象?ネットでこんな書き込みを見つけられなかったので、しかたがないなぁ、って思いながら時々Gyazmailの最新バーションをチェックしていたんだ。
今日もHigh sierraに対応していることを願いつつバーションチェックしたところ、上がっていた!
しかも今日からのすごいタイミング。
早速最新の1.5.19をダウンロードしたところ、起動が早くなった!よかった!

Leave a Comment

MacBook2015のきしむ音

オークションで手に入れたMacBook2015スペースグレイ。
ホント、オークションとは言え安い買い物でした。前の初代MacBookアルミボディも長年使い続けてきたので愛着はあります。
でも、最新機種はそれなりに気持ちよく使えます。
キーボードも打ちやすいし、SDDなので起動が早い。
そんなMacBookですが、一つだけ気になった点が。
ボディを持った時のきしみ音。画面のヒンジではなくて、本体の裏から聞こえます。はじめは「中古だし、こんなもんか」と考えていたんですが、気になりだしたら頭から離れなくなってしまって。
そして、ついにAMAZONからMacBookAir用の星形ドライバーを購入したんだ。商品より送料が高いという安い商品でしたが、先ほどこのドライバーで裏蓋のネジを締め直したところ、きしみ音は改善しました。全く無くなったわけでは無いですが、ほとんどならない状態まで改善が見られたんだ。
購入してよかった!

Leave a Comment

iMac Early2008が起動しない!

iMac 20inch Early2008が起動しないと持ち込まれたんだ。
電源を入れるとアップルマークは表示されるものの、MacOSは起動しない。
もう、HDDが死んでしまった模様。
さぁてどうするか?ネットで色々調べて色々試しました。
まず、電源ケーブルを抜いてしばらくしてから電源を入れる方法や、キーボードを押しながら電源を入れる方法。
それが幸を評したのか、運良く起動できた、けど、重い。何をするにも時間がかかる。
すぐに、HDDの修復を行ったら、いろいろ赤文字が出てきたよ。終わりそうもなかったのでしばらく放おっておいたら、無事に終了した模様。早速再起動。
が、しかし。
今度はアップルマークどころか?マークが!
もうこれは、HDDからブートできていないということ。
そこで、HDD内のリカバリから起動して、またもや色々やってはみたもののどれも効果が無かったよ。
再びインターネットで検索したところ、最後に見つけたのが「セーフモード」で起動させることだとか。
時間がものすごくかかったけどセーフモードで起動できたので、すぐに再起動。
なんでも、セーフモードで起動することによってHDD内のメンテナンスが完了しているんだとか。
そうしたら、時間はかかるけどMacOSが起動できました。
でも、動作はおかしい、何をするにも時間がかかる。HDDが飛んだのでこのまま使うわけには行かないから、とりあえず中身をバックアップ中。
買い換えることになりそうですね。

Leave a Comment

今のMacBookにして一番良かったこと

MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)にして一番よかったこと。
それは、神経質に扱わなくてもよくなったこと。
これまでのMacBook (13-inch, Aluminum, Late 2008)はHDDだったので、いつもそぉ〜と扱っていました。HDDが飛んだらパーですもん。
今は、SSDだからデータが飛ぶ心配が不要。
気兼ねなくガシガシ使える様になり嬉しい。

Tags:

Leave a Comment

さぁ困った、MacBook2015

とっても気に入ったMacBook2015。
ただ一つの難点がUSB-Cポートが一つだけってこと。
タイムマシンでバックアップ作業をしてるんだけど、僕の場合USBでHDDを直付けしているんだ。
すると、USB-Cポートが塞がっちゃう。
バックアップ終了まで残り2時間と表示されいるから、これからのバックアップはフル充電してからでないと心配になっちゃうね。

Tags:

Leave a Comment

HDDを交換したらWindows Updateができなくなった問題

ブログにアップした通り、デスクトップはHDDをRAID1にして2本のHDDとも新規のものに交換したんだ。
その後、Windows7のブルーエラーが出て、回復したところまでは良かったんだけれど、その後、Windows Updateができなくなったんだ。
表示されるエラーメッセージは
現在サービスが実行されていないため、Windows Update で更新プログラムを確認できません。このコンピューターの再起動が必要な可能性があります。
サービスを見ても、自動起動なんだよな。
原因が分からず、ネットで調べてみたら解決しました。
まさにこちらのサイトの通り、HDDのドライバが原因でした。ドライバのUpdateで、無事Windows Updateも終わり最新になりました。
これで一安心です。

Tags:

Leave a Comment

Apple USB-C 充電ケーブル交換プログラム

Yahooオークションで手に入れたMacBook2015。
何気にAppleのオフィシャルサイトを見ていたら「Apple USB-C 充電ケーブル交換プログラム」と言うのをやっていました。
何でも充電できなかったりするらしい。
そこで、さっそく自分のケーブルを見てみたら、まさにその交換対象のケーブルでした。
まあ、これを機会にアップルストアに行くきっかけにもなったんだけどね。

Tags:

Leave a Comment

このページの先頭へ