Archive for 5月, 2007:

ウォームアップは必要だ

ジョギングはいきなり走るもんじゃないけど、オームアップてあんまりやってなかったんだ。
せいぜい、準備運動をする程度。
スポーツ選手は、ウォーミングアップでも結構身体を動かしているよね。
今日は、朝走ってみたんだ。昨夜は雨だったから。
3日休んだのでやっぱり筋力は落ちている感じがする。そして、走りはじめるとふくらはぎ付近の筋肉が疲労するのがわかるね。急に走り始めたから筋肉が十分にほぐれていなかったんだね。
やっぱり、ウォーミングアップは必要なんだと感じた日だったよ。

Leave a Comment

追悼)坂井泉水(ZARD)と仙台

先日、ZARDのボーカル坂井泉水さんが亡くなりましたね。ガンを患っていて自殺との報道だったね。
僕はZARDの曲は知っている程度でCDを購入したことはないんだ。でも、彼女の曲は大ヒットしたので耳にしたことはある。何でも90年代でCDシングルがもっとも売れた女性ボーカリストだと言うことなんだ。
ZARDの坂井泉水さんは仙台とはかかわりがあるんだよ。
実は、ZARDのCDを出荷しているプレス工場は仙台市青葉区にあるんだ。
もう8年位も前のことになるんだけど、この会社の役員の方とお知り合いになって、当時インターネットを利用して開発したソフトの販路について相談を受けたんだ。
そのとき、会社にお邪魔させてもらって工場の見学をさせてもらったんだ。
もう工場の隅から隅まで見させてもらったんだ。CDのプレス機はドイツ製で当日もマシンの増設の最中でドイツから技術者がきて日本人と一緒に作業をしていたよ。最後は、CDをプラケースに入れてダンボールに入れて出荷するところまで。
さらに、驚いたのが正面玄関を入ると目に飛び込んでくるのがスティービーワンダーの直筆のサイン色紙。
色紙は珍しくは無いけれど、どうしてそれがあるかというエピソードがすごい。
このプレス会社はCDの品質を変えて、原音に近い音で再生が可能なCD技術を開発したんだそうだ。それを聞きつけ納得したスティービーワンダーが次回のCDを是非このCDで発売したいと、わざわざ本人がお忍びで来日しここを訪れたんだそうだ。そのときにもらったサインなんですって。花束を受け取って歓迎される本人も写っていたよ。でも、結局CDとしては単価が高くなってしまうため実現はしなかったそう。
僕は、スティービーワンダーのステージを見に行ったりCDを聞いていたのでびっくりしちゃった。
こんな身近に、こんなすごい会社があるなんて。
もうひとつ、男性ボーカリストとして90年代もっとも売れたのがB’zで、この工場はB’zのプレスも行っているんだ。
ZARDとB’zというビッグアーティストのCDプレス工場が仙台にあるなんて、なんだかうれしいね。
坂井泉水さんの死去は、音楽好きには寂しいですね。
[gmaps:38.27545540779785/140.7365208864212/14/460/300](comment)[/gmaps]

Leave a Comment

ディランマッケイだ。んなぁ~。

巷で大人気のディラン&キャサリンなんだ。

Leave a Comment

スタジアム観戦はお休み

昨日のベガルタホームゲームの東北ダービーはTV観戦したんだ。
ホームで毎試合サポーターに混じって声を枯らして応援してきたけど、今回はいったんお休みさせてもらったよ。
テレビで落ち着いてじっくり試合運びを見させてもらったんだ。
試合の結果は2-0の完封勝利で順位も得失点差で2位に上がったし、良かった×2。
テレビはグランド全体を見ることができないので各選手のポジションなどが確認できないんだけど、それでもアップで足元とかドリブルなどが確認できるので楽しめるんだ。
昨日の試合はで目に付いた点は、こぼれ球に見方の選手がお互いに譲り合うシーンが多かったこと。ひとつ間違うと危ないな。
良かったのは、FWのプレッシャーが効いて守備から攻撃に切り替えできたところ。
あと、テレビで見るとよくわかるんだけど、各選手の時間の使い方がうまいって点かな。立ち上がりやチャンスにはたたみ込むようにパスを出してよく動いていたんだ。一方リードを保って時間的に疲労がたまってくると、ボールを止めずにゲームを止めて休ませたり。
スタジアムで盛り上がるのも楽しいけど、テレビで戦略を分析しながらの観戦もこれまた違う楽しみ方があるんだね。

Leave a Comment

パイレーツオブカリビアン

この人気映画「パイレーツオブカリビアン」の最新作で完結編がいよいよ公開されたね。
僕は、この映画1作から映画館で観てるんだ。
その時はあんまし期待してなかったけど、終わったらもうはまっちゃって。ものすごく面白くて、周りの人に勧めていたよ。
それまで、ジョニーディップは知っていたけど、この映画でますます好きになったんだ。
ジョニーディップ扮する海賊がもう、100%のはまり役。ものすごくいい、この役はまさに彼の役にあるようなものなんだ。
もちろん、ストーリーも完璧。面白かったね。ドジで間抜けだけど、何とかして楽しようとするジャックスパロウが小気味いい。
そしてなによりも楽しめるのが、あのディズニーランドの「カリブの海賊」のアトラクションとまったく同じシーンが何度も出てくるところ。
そして、その第1作目がテレビ放映されるからこれはDVDに撮っておこうと思うんだ。

Leave a Comment

日本一の亜炭鉱山

仙台市の北部に位置する大崎市三本木町(旧三本木町)はかつて、日本一の産出量を誇った亜炭の産地だったんだ。
その記念館が道の駅三本木にあるんだ。
「亜炭」は石炭の一種で日本独自の呼び方らしい。日本では石炭と亜炭と品質で区別されているんだけど、海外ではその区別はなくて、どちらも石炭と呼ばれているんだって。
その亜炭が、ここ三本木でたくさん掘られたそうだ。亜炭も石炭も元は、大昔の大木が倒れ地中に埋もれ温度と圧力が加わりできたものらしい。
その大昔に層になるくらいたくさんの巨木が積み重なったなんて、今想像すると不思議。
三本木で亜炭が発見されたのは偶然かららしくて、明治になって黒い石に火が燃え移ったのを発見したのがきっかけだったそうだよ。
昭和30年頃まで盛んに掘られていたんだ。
その後、エネルギーは石油に変わっちゃったけど、実は地球上の埋蔵量は石油よりまだまだ石炭の方が多いんだって。
写真の三輪車はその亜炭を実際に運んできた当時の車両だそうだよ。
この亜炭記念館は亜炭の歴史から昔の採掘風景のジオラマ、当時の生活などが展示されているので楽しめるんだ。入場は無料だし、行って損はないよ。
[gmaps:38.521578274678404/140.9384536743164/13/460/300](comment)[/gmaps]

Leave a Comment

今日は一転、肌寒い

昨日まで、連日晴天が続いて仙台では夏日になったね。
でも、今日は日中から降り出した雨で、肌寒い一日だね。
身体はすでに夏モードに入っているので、3枚重ね着でも寒くてファンヒーターをつけちゃったんだ。
もうすぐ6月だというのにね。
今日は、一日中閉じこもって仕事してました。

Leave a Comment

泉ヶ岳登山(仙台市泉区)

昨日はあまりにも天気が良すぎるので仕事はお休みにしたんだ。
そこで、思い立って泉ヶ岳へ登山に行ってきた。
仙台に20年以上住んでいるんだけど一度も登ったことがないから。仙台市民なら一度は登頂しないとね。
それに、毎日のようにジョギングをしているので体力にはちょっとだけ自信があるんだ。
登山コースはいろいろあるようだけど、やっぱり、初登頂っていうことで一番簡単な水神コースを選んだ。
駐車場にクルマを止めて、いざ出発!(9:30)
少年自然の家までは舗装道路だけど、その先いよいよ登山道だ。
はじめは森の中の山道だけど、大きな石がごろごろしてて結構きついよ。途中、下山者とすれ違うたびにお互い声をかけあうんだ。「こんにちは~」
そして、水神ポイントに到着したんだ(10:30)。ここまでで約1時間弱かかったよ。やっぱりペースがわからないので疲れてしまったんだ。
太陽がさんさんと降り注いでいるから気温が高いうえに風が無いから、暑さとの戦いだったな。
持ってきた水は全部飲み干して水分の補給と十分な休息をとって出発!おっと、水は沢から汲んで満タンに。この先、水のみ場は無いからね。沢の水はうまい!
ここからの登りは本格的な登山コースなんだ。登山のパンフレットには「家族でも楽しめるもっとも一般的なコース」なんて書かれているんだけど、とんでもない!本格的な登山じゃないか!登山道は大きな石や岩だらけでコースを取るのも難しいんだ。かなりの体力を消耗するよ。
途中途中で休みながらでないと続かない。もう汗びっしょり。風が吹くと気持ちいい!

そして、大岩と言う大きな岩の見晴らしポイントで一休み。ここで、先に登っていたおじさんが休んでいたので会話。なんでもおじさんは何度も登っているらしい。
ここから見える景色は最高なんだ!すぐ横には残雪の三峰山と後白髪山、そして二口峠の大東岳、残雪の蔵王に遠くには福島の安達太良山(たぶん)が見えるよ。
東の方向はあいにくかすんでいたけど、かろうじて牡鹿半島が見える。
先に出発したおじさんを見送って、しばしこの風景を独り占めにしたんだ。きもちいい!
大岩を後にし、再び急な道を登り始めたら突然視界が開けた場所にでたんだ。ここが「さいの河原」と言うポイント。ここまで、低木が左右に茂っていたけど、ここは岩だらけ。ここの景色もすばらしい!
この景色を独り占めって感じで両腕を大きく広げて深呼吸したんだ。登山の醍醐味はこれでしょう!
ここまで来ると目指す頂上はもうすぐ…のはずなんだけど。キツイ。もうクタクタ。この先、まだまだごつごつの登りなんだ。昨日のジョギングを休んでおくんだったと反省。
そして、突然泉ヶ岳山頂に到着!(12:30)登山道から山の頂上は見えないから突然着いた!って感じ。
でも、ついにやりました!山頂です!
海抜は1、172.1メートル。登山道入り口から一気に約600メートルただひたすら登ってきた。うれしいね~。
天気は最高だし…でも、頂上って平坦な峰なんだね。低木が茂っているので展望はまったくだめなんだ。ちょっぴりがっかり。北にはここより少し高い「北泉ヶ岳」がすぐ近くに見えるよ。
さっきのおじさんと再会し、一緒に昼の弁当を食べるよ。おじさんは、途中山菜を取りながら登ってきたんだって。
そして、おじさんに誘われて一緒に下山。(13:20)
下山は、もっとも過酷な登山道の「かもしかコース」。下りだから楽なはずだけど。
確かに下りは楽なんだけど、やっぱり大きな石や岩だらけ。足の置き場を探すのに必死で景色を楽しむ余裕は無いんだ。
途中で降りてきた道を振り返るとさすがにこのコースの登りはきついよ。はるか眼下には遠く仙台の街が見える。すぐふもとの雪よけトンネルもまだまだはるか遠くにあるんだ。
そこからさらに下ってようやく「岡沼」ポイントに到着したんだ。(14:14)
ここは「沼」だけど、今は草が生えている場所。昔は雪解け水がたまっていた沼だったそうだよ。
そして、ここからが山菜のポイントだそうなんだ。おじさんに教えてもらいながら山菜を一緒に探した。「てんぷらにするといいよ」という山菜を分けてもらったんだ(夜食べたらおいしかった)。
振り返るとはるか上に頂上が見えるね。その頂上から峰沿いに一気に下って来たんだね。
ここから先はちょっと登りがあるけど、それを超えるともうスキー場のリフトの上なんだ。やっぱり、山菜取りの人がいたね。ここら辺ではワラビを取っていて僕も少し摘んだ(おいしかった)。
ようやくゲレンデに出て、あとは駐車場までもうすぐだ。
ゲレンデといっても急な斜面なので脚を取られないよう注意しなければ危ないんだ。
そして、レストハウスへ到着。(14:45)
山のことや山菜など色々教えてもらったおじさんと別れて休憩。いや~、くたびれました。
こんなに泉ヶ岳はきついと思わなかった。なにがファミリー向け登山だ。僕にとっては立派な登山だったよ。
結局、6時間は歩いていたからね。
でも、ひとつ達成感を味わえたので挑戦してみてよかった!次は何に挑戦しようかな?
[gmaps:38.41277763593615/140.70834159851074/12/460/300](comment)[/gmaps]

Leave a Comment

腹いたぁ~

今日のジョギングは中二日おいてだったせいか、後半に横腹が痛くなってしまったよ。
走れないこともないんだけど、最後のスパートができずにタイムは平凡な28分30秒。
でも、以前は29分を切るかどうかだったのでそれにくらべると…満足しよう。
走ったあとのお風呂は気持ちいい!

Leave a Comment

システム屋さんには違うものなんだ

普段使う言葉に「数字」というのがあるよね。
でもコンピューターのSE(システム屋)には、もうひとつ「数値」というのがあるんだ。
この違いがわかるかい?
数字=1234567890
数値=1234567890
どちらも表記はおんなじだね。
答えは、
数字=四則演算の対象とならないもの
数値=四則演算するもの
わかるかな?
例えば、「会員番号」は四則演算されないだろう。でも、「会員数」は四則演算の対象だよね。
なぜ、システム屋さんは「数字」と「数値」を使い分けるかというと、プログラムで用いる変数名が「数字」と「数値」ではまったく別物なんだ。
「数字=文字(記号)」で「数値=値」なんだよ。ね「字」と「値」って表しているね。
システムの設計に関わる人がこの違いを混同するとバグが入り込むんだ。
基本中の基本だ。

Leave a Comment

どうしても気になる

普段の生活でいつも目にするのでどうしても気になる間違いがあるんだ。
「1000円を今なら100円割引します」
とか言うPOP広告。
これのどこが間違いかわかるかい?
答えは、「割引」が間違っているんだ。
正しくは「値引き」
割引とは、元の値段をいくらで割るかということで、固定金額を引くのは「値引き」だ。
つまり、ある商品から固定の金額を引く場合は
「100円値引き」で
ある商品から10%の金額を引く場合は
「1割引き」
100円を強調したいがために、商店主や広告屋さんもこの間違いに気がついていないよ。

Leave a Comment

ワールドカップイタリア代表

写真は2002年ワールドカップのイタリア代表が仙台スタジアム(当時)でキャンプしたときの記念展示物なんだ。
ユアテックスタジアム内に展示されているので、ベガルタの試合に来たときは是非見てほしい。
イタリア代表はスター揃いだったなぁ。今でもヨーロッパで活躍している選手が多いね。カンナバーロもビエリも、デルピエロ、ガトゥーソ、トッティ、サンブロッタなどなど、まだまだいるぞ。その人気の選手が仙台にいたんだよ!
そして僕は当時の宿泊先だったロイヤルパークホテルにまで行ったよ。もちろんバスに乗った選手達を見に。でも、サングラスで誰が誰だか…。でも、生で見たんだ。
イタリア代表が宿泊したロイヤルパークホテルは、その後、キリンチャレンジカップの日本代表の宿泊にも使われたんだ。
仙台ではそのイタリア代表キャンプ地を記念して各国のユースチームによる国際大会が毎年行われているよ。その記念品も展示されている。こちらもお見逃し無く。
ところで、今日のベガルタは徳島に逆転されてしまった。
もっとも、審判の判定に満足できない。ファールだってベガルタが不当に取られてるし、万代と千葉がイエロー2枚で退場になってしまうなんて。
今日の負けは審判に負かされてしまったよ。
[gmaps:38.34280061020431/140.8377742767334/16/460/300](comment)[/gmaps]

Leave a Comment

ランニングハイ

走っていると脳にはドーパミンが分泌されるとか、されないとか。
ドーパミンは脳を気持ちよくさせるらしいね。僕には詳しいことはわからないんだけれど、でも、ランニングハイというのは感じるんだ。
疲れているのになぜか疲れを感じない。それで、この調子だとどこまでも走れそうな気分になるんだ。
昨日はそんな気分だったよ。スパートもいつもの倍の地点から始めたんだ。
記録は28分5秒。
う~ん、おしかった!信号で止まらなきゃ27分台だったなぁ。

Leave a Comment

鼻毛橋(仙台市泉区)

鼻毛橋(はなげばし)
ね、面白い名だよね。住所は「仙台市泉区実沢字鼻毛(せんだいしいずみくさねざわあざはなげ)」らしいよ。
仙台市泉区の泉ヶ岳へ行く道の途中にあるんだ。地下鉄泉中央駅からクルマで10分くらいのところかな?
バス停の向こうに見えるのがその「鼻毛橋」なんだ。
[gmaps:38.32852775886677/140.81084489822388/16/460/300](comment)[/gmaps]

Leave a Comment

原阿佐緒記念館(宮城県大和町)

原 阿佐緒(はら あさを)記念館(宮城県大和町宮床)です。
原阿佐緒は明治21年生まれで、大正から昭和初期にかけて活躍した女流歌人なんだ。
その、美貌(確かに美人だねぇ)と教養、才能に恵まれた一方、恋多き女として当時のメディアを賑わしていたんだ。
記念館にある年表を見ると、原家はもともと仙台藩主伊達家の分家で家臣だったそう。両親が教育熱心で小学校から家庭教師をつけるほどだったとか。
その後、仙台で同人歌集の発行に参加したり東京の美術学校へ通ったり、また仙台に戻って宮城学院で教鞭をとったり。東京と仙台、宮床と頻繁に移動しているよ。
移動が多かった阿佐緒の人生はまさに波乱万丈。たくさんの男性と関係があったらしく、特に顕著なのが東北大学教授の石原純との不倫関係(阿佐緒が35歳頃)。当時の石原教授とは、アインシュタインの相対性理論を初めて日本に紹介した人物。アインシュタインを日本に呼んで通訳したのも石原氏なんだ。それで、当時の新聞記事には石原をたぶらかした魔性の女とか書かれているよ。石原氏は妻子も捨てて阿佐緒と一緒に暮らし始めるんだ。
当時、そんな関係は絶対に許されるはずが無いよね。
阿佐緒はもともと病気がちでしょっちゅう東北大学病院へ通っている。そこで石原教授と出会ったのかもしれないね。原阿佐緒も当時は歌で有名だったから。
病気を直すため、また東京時代の失恋があると宮床の自宅へは戻って傷心を慰めていたようだ。
結局、子供は二男授かったが、一人目の息子は不倫の末の子供で未婚のまま生んでいるんだ。二人目のときは正式な結婚をしている。
また、阿佐緒は歌人として活動した後、その美貌で女優として映画デビューしたり、また、マダムとして酒場を経営、東京その後大阪へ流れてお店を持っていたそうだ。不倫問題でたたかれた一方、生活のため名前を利用していたらしんだ。
長男の「原千秋」はその後映画監督(仔熊物語が代表作とされている)となったけど、制作費の赤字で最終的に阿佐緒の実家が資産を処分して充てたんだって。次男も俳優「原保美」として活躍し美空ひばりの映画にも出演したりNHKのテレビドラマでも人気だったとか(1997年に死去)。
人の倍のような阿佐緒の人生も、皮肉なことに歌で有名になったわけじゃなくスキャンダルで有名になっちゃった。けれど、晩年は原阿佐緒の歌に感銘を受けた人々の手で再び歌人として名声を取り戻したようなんだ。
そして阿佐緒の人生は、昭和44年に82歳で幕を閉じたそうだ。
宮床といえば仙台の北部の山村なんだけど、周りは山で作物には恵まれない土地。林業や蚕などが盛んだったようだね。
生まれた明治21年は仙台だってこんな洋風の建物は珍しいよ。これが当時のまま(記念館で一部改装)生家として残されているというのも驚きだね。明治の人たちもさぞびっくりしただろう。
記念館なので中にも入れるし、2階へも上がれるんだ。阿佐緒の部屋はどこかわからないが、きっと2階の窓から外の景色を見て歌を詠んでいたんだろうね。
また、平成9年には女優の斉藤由貴主演で原阿佐緒の生涯がTVドラマとして放映されたよ。斉藤由貴の顔が阿佐緒にそっくりだって話題になったね。
以前はバイパスが無く細い道の集落だったけど、今はすぐ裏にバイパスが通っていて駐車場もある。
[gmaps:38.40517764076942/140.84421157836914/14/460/300](comment)[/gmaps]

Leave a Comment

冷たい雨

昨日までの初夏の日差しは無くなって、今日は冷たい雨が降っているね。
天気のよい日が続いたので、クルマには黄砂や花粉が積もってホコリだらけになっていたからこの雨で洗い落とされることを願っているよ。
空気も浄化されて澄んでくれるとうれしいね~。

Leave a Comment

仙台市電の線路跡

1976年(昭和51年)年に廃止された仙台市電の枕木が、アスファルトの下から大量に見つかったというニュースが先日報道されていたね。
この場所というのが花京院(かきょういん)にあるんだ。写真をよく見てみるとアスファルトの切れ目が右へカーブしているのがわかるだろう?この写真は定禅寺通(じょうぜんじとおり)から仙台駅へ向かって撮影している。上下線2本分の線路跡が確認できるね。
昔は、ここに線路があって市電が走っていたというわけ。どうやらこの下にも枕木が眠っているらしい。
なぜ出てきたかというと、仙台駅前から北へ伸びて定禅寺通とぶつかる手前が車線拡張工事をしているんだ。そこを掘り返してみたら出てきたらしい。
撮影した今日も、運良く枕木が一本だけ工事現場に残されていたよ。枕木に線路を固定する釘が見えないかな?
いづれ上の写真の線路跡も無くなってしまうんだろうね。
[gmaps:38.2676851576364/140.87931632995605/17/460/300](comment)[/gmaps]

Leave a Comment

自然に見える時刻

色を一番自然に見るには太陽の光がもっともなんだけど、それじゃ、いつ見たらいいのか知ってるかい?
晴天だって朝から夕方まで太陽の位置は違うよね。
正解は、午前11時が一番自然に見えるんだって。先日TVでやってた。
それで納得したよ。お昼をはさんで午前と午後では同じ風景でもぜんぜん違って見えるもの。
午前中はすがすがしくて、午後になるとギラギラしすぎると思っていたんだ。実は、そんな理由があったんだね。
僕は午前中の光が好きだな。
デジカメで屋外を撮影するときは午前中に撮影するようにしよう。
テレビで見た内容は、NISSANのデザインチームがクルマの新色を決定するのに11時ころ太陽の下で見るのが一番いいと言っていたんだ。

Leave a Comment

自己記録更新

昨日、久しぶりにジョギング。
十分すぎるほど身体を休めたので、調子がいい。
信号にもうまく引っかかることなくすり抜けられたし、これは記録が出るかもって思っていたんだ。
後半は、前半の飛ばしすぎの影響でスパートできなかったけど、タイムが自己最高記録を更新したんだ。
27分45秒。ついに28分をきることができた!
そういえば、この週末に仙台ハーフマラソンがあって、野口みずき選手が故障から復活してぶっちぎりで優勝したよね。ニュースで観てたけど、大きなスライドで走っていたと伝えていたからちょっとまねてみたんだ。

Leave a Comment

こんな日は休業だ

今日は快晴!
室内の湿度計は40%で温度は丁度20度(午前11時45分)。一年の中で一番気持ちのいい季節だよね。
やっぱり、こんな日は仕事するのがもったいない。ちょっと庭に出てデジカメで季節を撮ってみました。
我が家の玄関先の名も知れぬ草花です。新緑がきれいだね。

Leave a Comment

このページの先頭へ