Archive for 2月, 2009:

いよいよ次世代PHSサービスがはじまる

いよいよあと1カ月ほどでウイルコムから次世代PHSのサービスが始まるんだ。
これは、「WILLCOM CORE」とネーミングされた新しいPHS通信のことで、特にデータ通信が格段に早いっていうもの。何しろ、下りは理論上100M以上というんだから今利用しているフレッツ光より早いかも!?
PCカードでモバイルすると時速300Kmで移動してもコネクションが切れることなく通信できるというんだから新幹線の車中でもネットに繋げられるんだ。これはイイ!
僕はPHSユーザーだからじ~っと辛抱づよく待った甲斐があったというものだね。
早くサービスインを発表してくれないかな?

Leave a Comment

WindowsXPのカスタマイズツール

僕のWindowsXPだけど、見た目はMacOSXなんだ。
そのXPをなんちゃってMacにしてくれるひとつが「Y’z Tool」シリーズ。
このサイトには、ウィンドウに影を付けたり、エクスプローラーのアイコンを変更することができるツールが公開されているんだ。
数年前から開発が一時中断していたけど、ここにきて再び新しいバージョンがリリースしている。
さっそく使ってみると、新しい機能があったりして使い心地はなかなかいいよ。

Leave a Comment

あなたのパソコンが乗っ取られる~ボット

19日のNHKクローズアップ現代は、インターネット社会に欠かせない話題が放送されたんだ。
「あなたのパソコンが乗っ取られる」と題して放送されたその内容は、知らないうちにPCがコンピュータウィルスに感染してしまうというもの。
ウィルス感染だけなら昔からある話題なんだけれど、番組ではもう少し踏み込んでボットについても詳しく解説していたんだ。
簡単に説明しちゃうと、ボットというコンピュータウィルスに感染すると、ある日時にある特定のサイトにアクセスを勝手に集中的に行うというもの。
その目的は、そのターゲットとなったサイトに処理しきれないアクセスを行うことでサイトの表示を行えないようにすることにあるんだ。
その攻撃を行うパソコンに自分のパソコンも参加しているということになるんだ。
けれど、そのようなことを行っているのにユーザーは全く気がつかないほど巧妙に作られているから気がつかない。自分のパソコンにメッセージが表示されたり、動作がおかしくなったりということが無いように作られているからたちが悪い。
そのようなウィルスに感染してしまう原因はインターネットにつながっているから。
パソコンにLANケーブルとその先のルーターがネットにつながっていればものの数分で感染してしまうんだ。覚えておいてほしいのは、メールやブラウザなどでインターネットに接続していなくても、ウィルスは向こうから勝手にやってきて感染するんだ。
昔は「メールの添付ファイルは開かない」「知らないサイトにアクセスしない」ということに気を付けていればよかったんだけど、今では、何もしなくてもインターネット側から勝手に届いて感染しちゃう。
一度感染しちゃうと、ウィルスは自分の姿を数分間隔で変えちゃうから駆除ソフトも対応ができなくなるんだ。
唯一の対策は、最新のウィルス対策ソフトを導入すること。そして、使用期限が来たら必ず更新することなんだ。一番新しいウィルス対策ソフトは、ワクチンパターンを数分間隔で更新しているので、ウィルスに感染する前にワクチンが有効になることが多い。
だれでも、必ず対策を取ってほしいね。
そこで、番組でも紹介されたウィルス検索駆除ソフトを使ってほしい。もちろん無料だから今すぐに行うことを勧めるよ。
実は、僕のPCで検索したところ53個のボットが駆除されたんだ。
最新のウィルス対策ソフトを入れていてもこれだけ感染しているから怖い!
サイバークリーンセンター(総務省、経済産業省)
https://www.ccc.go.jp/

Leave a Comment

航空管制官の仕事

毎週楽しみに見ているNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」。
先日は航空管制官の仕事が紹介されていたんだ。
飛行機が好きな僕としては願ってもない内容。普段目にすることがない航空管制官の仕事をじっくり見ることができた。
羽田空港に勤務する堀井不二夫氏は、もともとは飛行機が大好きな少年だったらしいんだけど、大病をしてパイロットをあきらめたとか。それで航空管制官になったんだそうだ。
羽田空港に着陸する飛行機は滑走路を目指して9キロ間隔で並んでいるんだとか。
気象状況や他の飛行機の針路によって状況が変わる仕事。それに何といっても、パイロットにはわからない他の飛行機の状況がわかるから、パイロット達にはなくてはならない仕事なんだ。その意味では人の命がかかっている。
番組では、堀井氏の技術の他に若い女性管制官への指導などが放送されていたよ。

Leave a Comment

スティーヴ・ジョブズ

毎週欠かさずチェックしているテレビ番組「がっちりマンデー」。
昨日から新企画「儲かり偉人伝」がはじまり、その初回に登場したのがスティーヴ・ジョブズなんだ。
そう、アップル社の創業者。
これまでも、アップル社(旧アップルコンピュータ社)や彼の図書はたくさん読んだ。放送ではマイクロソフト社のビルゲイツ氏と比較して紹介されたけど、二人とも全く時期を同じくしてパソコン業界に登場した人物。年齢もほぼ一緒。
唯一違うことは、ビルゲイツの技術者に対してスティーヴはデザイナーってこと。
これまでのアップルのハードやソフトに多大な影響を与え続けたスティーブを詳しく取り上げていたんだ。
これまで読んだ図書を30分という駆け足で紹介しているから見ごたえは十分だった。
ただ、放送ではスティーヴがアップル社を追われる点しか取り上げていなかったけど、ほかにも実は色々失敗しているんだ。
それでも、さらに改良を加えてすばらしい製品を発表するんだからはっぱりすごいや。
なお、ゲストに西郷輝彦氏が出ていたんだけど、なんとものすごいマックマニアだったんだね。

Leave a Comment

YouTubeから動画ファイルをダウンロードする

せっかく買ったiPod touchなので動画も持ち歩きたい。
YouTubeの動画をiPodに入れる方法を検索してみたところ、3つの方法があることがわかったんだ。

アプリケーションソフトでダウンロード
ブラウザのプラグインでダウンロード
ウェブサイトからダウンロード

この内、1と2はダウンロードしてもファイルの拡張子がYouTubeファイル(.flv)をそのままダウンロードする機能しかない。PCで見るにはさらに専用のプレーヤーか再生ソフトのプラグインが必要になってしまうんだ。もちろんそのままでもiPodで再生できない。
そこで見つけたのが3つ目の方法。
TubeFireというサイトではYouTubeのファイルを下記のファイルに自動変換してダウンロードできるようにしてくれる。
* 動画ファイル:iTunes / PSP(.mp4形式)
* 動画ファイル:Windows Media(.wmv形式)
* 携帯動画ファイル:Docomo/SoftBank(.3gp)
* 携帯動画ファイル:au(.3g2)
* 音声ファイル:MP3
使い方もものすごく簡単!
Youtubeで見つけた動画のブラウザ上のアドレスバーに表示されているURLのある個所に「fire」の文字を入れるだけ。
例: http://jp.youtube.com/watch?v=j4dMnAPZu70

例: http://jp.youtubefire.com/watch?v=j4dMnAPZu70
すると、動画をどのファイル形式に変換するかタブで選べるページにジャンプするんだ。
今回はiPodなので「mp4」を選択。いくつかのボタンをクリックし最後にPC用かiPod用か選択できるので、ここではiPodを選択してダウンロードするだけだ。
ダウンロードしたファイルはiTunesのムービーライブラリに追加されているから後はiPodと同期するだけでOK。
変換できるファイル一覧からもわかるようにiPodだけじゃなくて、PC用や携帯電話用もあったりして結構役に立つね。

Leave a Comment

たむらぱんとアフィリエイト

朝日新聞のWebサイト。
ここにある動画でインターネットの問題や未来について掘り下げたコンテンツが公開されているんだ。
前半では「たむらぱん」人気のきっかけ、後半ではアフィリエイトに翻弄された人が見ることができる。
さぁて、インターネットって社会にどんな影響をもたらすんだろうねぇ。

Leave a Comment

IT業界就職活動

IT業界の動向を探るのにいい資料がこうした就職情報誌。
リクルートで発行している「就職ジャーナル」は数少ない情報誌の中でも業界に特化した特集を組んでくれるので、情報が一度で手に入るんだ。
確か、以前も僕のブログにも書いているね。
僕が関心を持っているのは求人情報ではなくて、そのIT企業が今後どのような技術に力を入れていくのかどうかなんだ。
長くこうした情報をウォッチしているとその時代背景がよくわかる。
最近ではデータベースの技術者が重宝がられていたけれど、今ではWeb系がやっぱり多い。Webといってもデザインじゃなくて基幹業務のフロントエンドにWebを利用するシステムなんだ。
Web周りだと、ネットワークやサーバー、セキュリティなどといった技術者も必要になるから結構幅広くなっちゃうね。
この本でおもしろかったのは「ITビジネスパーソンの1週間」という内容。
IT業界で働いている人の座談会から先輩たちの1週間のスケジュールが掲載されているんだ。
男女どちらの先輩も載っているから参考になると思う。
どの人も忙しく働いているのがわかるよ。

Leave a Comment

コールセンターのお相手は浴衣美女かも

いろいろな企業があるから、そこで働く人もいろいろ。
もちろん、働くことが楽しい人なんてそうざらにはいないと思うんだ。
どうせ働くなら楽しい職場で働きたい。
富士通のコールセンターでは毎夏の「浴衣デー」と年に数回の「フォーマルデー」があんだそうだ。
こうしたちょっとした*楽しい*イベントがあると慣れた職場に新鮮な空気を入れることができる。社員もまた楽しめちゃうから新鮮な気持ちになるね。
これくらい楽しい職場じゃないと。

Leave a Comment

このページの先頭へ