Archive for 4月, 2011:

kizuna311

3.11東日本大震災後、多くの芸能人が直接あるいは間接的に被災者への応援をしてくれている。
直接災害地へ出向いてくれることもうれしいけれど、kizuna311のように真剣に心配してくれメッセージを送られるのもうれしい。
このサイトに掲載されているメッセージからひとつ選んでみた。

Leave a Comment

震災後に傷ついたディスプレイを交換

3.11東日本大震災で購入してまだ4カ月しかたっていないディスプレイが倒れてしまって、その液晶面に擦れた傷が付いてしまったんだ。
でもDELLの東日本大震災被災地向け特別保守サービスというサービスのおかげで新しいディスプレイに交換できた。費用は半額ほどかかったけど購入するよりは安いからいいサービスだと思うよ。

Leave a Comment

震災地の自衛隊活動に感激

被災地の人から直接聞く話は本当に悲惨。波にさらわれたあと、木の枝には子供の遺体が引っかかっていたり、がれきの下には折り重なる遺体があったり、海岸には遠くから流れ着いた遺体があったり。
そんな悲惨な現場で働いている自衛隊と消防団の人たちの捜索活動にに感激したんだ。
遺体を発見すると、ギューっと抱きしめるそうなんだ。
「もう大丈夫だよ、安心して」「もう帰れるよ、肉親に会えるからね」って声をかけるんだ。そうして安置所では、泥をきれいに洗い流してくれるそうだ。
また、子供を無くした母親は耳、鼻、目に詰まった泥を洗い流してあげるんだけど、どうしてもきれいにとれないんだとか。だから、お母さんが舌でなめてきれいにしてあげるんだ。
そして遺体安置所から出棺するときは、自衛隊員がそれはそれは荘厳なお見送りをしてくれる。それだけでも亡くなった方とその家族は救われると。
この話を聞くたびに泣けてくる。

Leave a Comment

震災後の石巻、女川

仕事で二日間にわたり石巻方面へ行ってきたんだ。3.11東日本大震災後初めて行く石巻地方はやっぱりショックだった。道路の両脇に車より高く積み上げられたガレキや4階建ての建物の上に乗る車、建物も道路も流されて海岸になってしまった集落などを見てきて、これが現実なんだと思ったんだ。
道路が無くなり自衛隊が急遽作った仮設道路のある集落では人一人歩いていなくて、この土地は捨てられるんだなぁと思うと本当にさみしかった。

Leave a Comment

仙台では桜が満開を迎えました

仙台では今、桜が満開です。でも、今年の春はいつもの春と全く違います。
悲しい春です。
日本中の人が仙台を心配していると思うと、それに応えなくては。

Leave a Comment

このページの先頭へ