年末、自宅の古本を整理してBookOffへ売りに出したんだ。清算を待っている間に店内を見渡して気になった本を数冊購入。その1冊がタイトルの本。
働かないで年収がそんなに稼げるなら僕もやってみたくなる!のが人間の心理。
読み進めると「復収入のすすめ」から「オークション」「アフィリエイト」「情報ビジネス(ノウハウやマニュアルの販売)」など、やらなければならないことがいっぱい。
「オークション」なら自分の不要品の出品から、古道具屋、リサイクル店を回って市場価格を調べて売れそうなものを仕入れたり。
「アフィリエイト」なら換金率の高い商材をネットで探したり。
「情報ビジネス」なら自分の得意分野をマニュアル化(文章化&CD&DVD化)するなど。
これらのことをまんべんなく、沢山のサイトやブログ、SNSなどを通じて告知しなければならないんだとか。
で、結局その作業時間が結構かかることになるんじゃ?毎日忙しいじゃないのよ!
なんだ、立派に働いてるじゃないか!なんだその「働かないで年収~」と言うのは!?
そんなわけで、僕の「楽して儲ける」という考えの甘さに気が付きましたとさ。トホホ。