Archive for 9月, 2017:

MacBook2015のきしむ音

オークションで手に入れたMacBook2015スペースグレイ。
ホント、オークションとは言え安い買い物でした。前の初代MacBookアルミボディも長年使い続けてきたので愛着はあります。
でも、最新機種はそれなりに気持ちよく使えます。
キーボードも打ちやすいし、SDDなので起動が早い。
そんなMacBookですが、一つだけ気になった点が。
ボディを持った時のきしみ音。画面のヒンジではなくて、本体の裏から聞こえます。はじめは「中古だし、こんなもんか」と考えていたんですが、気になりだしたら頭から離れなくなってしまって。
そして、ついにAMAZONからMacBookAir用の星形ドライバーを購入したんだ。商品より送料が高いという安い商品でしたが、先ほどこのドライバーで裏蓋のネジを締め直したところ、きしみ音は改善しました。全く無くなったわけでは無いですが、ほとんどならない状態まで改善が見られたんだ。
購入してよかった!

Leave a Comment

自宅ネットワークでハマった件

自宅ネットワーク、ケーブルの取り回しがグチャグチャしていて「いつかすっきりさせたいなー」って思っていたんだ。
この9月のシルバーウィーク、ちょうど台風が日本に来ていて外出するには天候が良くないので、LANのケーブルを引き直してみたんだ。まずはヨドバシに調度よい長さのLANケーブルを買いに出かけ、帰ってきてから早速作業。
机の下にあるルーター(ルーター機能はキャンセルしてブリッジ接続)回りのケーブル交換。長くてトグロを巻いていたケーブルがすっきり。ココには、IPphone用のルーターもあるので最短15cmというケーブルに交換してカスケード。(あとで、これが原因でトラブルが出るとはこの時は思わなかった)。
次に2FのTVとHDDレコーダー回りのハブとケーブルをすっきり。そして1Fの同じくTVとHDDレコーダー周りのHUBとケーブル回りをすっきり。
最後に、NTTのルーター回りのケーブルをすっきり。
新たに購入したケーブルはカテゴリ6ですが極細なので取り回しが楽になったんだ。今まで利用していたケーブルは太いから配線が困る。長さを見て必要な所と交換して再利用。
さてと。
あれ?無線LANからインターネットに繋がらない!
IPアドレスを見るとちゃんとDHCPから届いている。優先だとちゃんと繋がるのに!
デスクトップからNTTのルーターを見てみると特に問題は無し。だから、設定を変えるところは無し。
なのに、WiFiが?
更に、WiFiプリンタまで繋がらなくなった。
原因不明。IPアドレスをもう一度見ると、有線とWiFiとセグメントが異なっていることが判明。原因不明?
ここまでかなりの時間。
しかも、時々NATが競合しているメッセージが出る。
MacBookでDHCPの再割当てを行ってみると、NTTルーターと同じセグメントのIPアドレスを貰うんだけど、すぐに別のセグメントのIPに変わってしまう。
iPhoneも別のセグメントのIPしか拾えていない。
ここで、過去のトラブルを思い出した。ルーターを超えるとセグメントが異なること。原因はルーター超えだ。
でも、ルーターはブリッジにしているし。
で、残る原因として考えたのはIPphone用のルーター。
HUBのポートを見直したら、ケーブルがつなぎ方が間違っていた!
ここのルーターにはWANに入っていなければならないのにクライアント側のポートに刺さっていた。ポートを見ないで後ろに手を回してケーブルを交換したからだ。
ブリッジしたルーターから出たケーブルをWANポートに差し替えたら無事に解決したんだ!
なんと、この作業で一日(就寝まで)潰れてしまったよ。トホホな一日だった。

Leave a Comment

iMac Early2008が起動しない!

iMac 20inch Early2008が起動しないと持ち込まれたんだ。
電源を入れるとアップルマークは表示されるものの、MacOSは起動しない。
もう、HDDが死んでしまった模様。
さぁてどうするか?ネットで色々調べて色々試しました。
まず、電源ケーブルを抜いてしばらくしてから電源を入れる方法や、キーボードを押しながら電源を入れる方法。
それが幸を評したのか、運良く起動できた、けど、重い。何をするにも時間がかかる。
すぐに、HDDの修復を行ったら、いろいろ赤文字が出てきたよ。終わりそうもなかったのでしばらく放おっておいたら、無事に終了した模様。早速再起動。
が、しかし。
今度はアップルマークどころか?マークが!
もうこれは、HDDからブートできていないということ。
そこで、HDD内のリカバリから起動して、またもや色々やってはみたもののどれも効果が無かったよ。
再びインターネットで検索したところ、最後に見つけたのが「セーフモード」で起動させることだとか。
時間がものすごくかかったけどセーフモードで起動できたので、すぐに再起動。
なんでも、セーフモードで起動することによってHDD内のメンテナンスが完了しているんだとか。
そうしたら、時間はかかるけどMacOSが起動できました。
でも、動作はおかしい、何をするにも時間がかかる。HDDが飛んだのでこのまま使うわけには行かないから、とりあえず中身をバックアップ中。
買い換えることになりそうですね。

Leave a Comment

このページの先頭へ