昔々、事務所にかかってきた金融関係のセールス電話で「これからはBRICs(ブルックス)」と言うのがありましたっけ。
今日、ブラジルリオで開幕になったオリンピックで思い出しました。

このBRICs債を買っておけば将来絶対に損はしない!

なんて言う鼻息荒いセールストークを、受話器を離し気味に聞いてました。

それが、何ですか!いまは!どこに行ったんですか!

ブラジルは超インフレ!財政赤字じゃないですか!
中国?インド?貧困の差が縮まらるどころか、ますます拡大してるじゃないですか。中国なんてなんの根拠もない不動産バブルとかで。日本でも聞いたことあるよな雲行き。

ロシア、南アフリカだって財政赤字続きで一向に内需拡大していない。

人口が多くて内需拡大が期待できると、経済発展が期待できるって言っていたのはどこへ?経済だけ観ているからそんな浮ついた考えになるんだよね。問題の根はもっと庶民の足元にあるんだよ。

あの、リオの報道を観ているととても経済発展が期待できそうもないよ。

貿易黒字?それもどんな転覆が待っているか?だれも予想はできないけれど、想像はできるよ。