写真家の大山顕さんが、この時期、自宅民家の外構をクリスマス電飾で飾る風習を揶揄して「浮かれ電飾」と名付けました。
好き嫌いはあるにしても、まさにピッタリの言葉だと思うんだ。

自宅外構を電飾する理由は人様々だと思うんだけど、ネーミングの上手さに納得。