ホーム > インターネット > 自宅ネットワークでハマった件

自宅ネットワークでハマった件

自宅ネットワーク、ケーブルの取り回しがグチャグチャしていて「いつかすっきりさせたいなー」って思っていたんだ。
この9月のシルバーウィーク、ちょうど台風が日本に来ていて外出するには天候が良くないので、LANのケーブルを引き直してみたんだ。まずはヨドバシに調度よい長さのLANケーブルを買いに出かけ、帰ってきてから早速作業。

机の下にあるルーター(ルーター機能はキャンセルしてブリッジ接続)回りのケーブル交換。長くてトグロを巻いていたケーブルがすっきり。ココには、IPphone用のルーターもあるので最短15cmというケーブルに交換してカスケード。(あとで、これが原因でトラブルが出るとはこの時は思わなかった)。

次に2FのTVとHDDレコーダー回りのハブとケーブルをすっきり。そして1Fの同じくTVとHDDレコーダー周りのHUBとケーブル回りをすっきり。

最後に、NTTのルーター回りのケーブルをすっきり。

新たに購入したケーブルはカテゴリ6ですが極細なので取り回しが楽になったんだ。今まで利用していたケーブルは太いから配線が困る。長さを見て必要な所と交換して再利用。

さてと。

あれ?無線LANからインターネットに繋がらない!
IPアドレスを見るとちゃんとDHCPから届いている。優先だとちゃんと繋がるのに!
デスクトップからNTTのルーターを見てみると特に問題は無し。だから、設定を変えるところは無し。

なのに、WiFiが?
更に、WiFiプリンタまで繋がらなくなった。

原因不明。IPアドレスをもう一度見ると、有線とWiFiとセグメントが異なっていることが判明。原因不明?
ここまでかなりの時間。
しかも、時々NATが競合しているメッセージが出る。

MacBookでDHCPの再割当てを行ってみると、NTTルーターと同じセグメントのIPアドレスを貰うんだけど、すぐに別のセグメントのIPに変わってしまう。
iPhoneも別のセグメントのIPしか拾えていない。

ここで、過去のトラブルを思い出した。ルーターを超えるとセグメントが異なること。原因はルーター超えだ。
でも、ルーターはブリッジにしているし。

で、残る原因として考えたのはIPphone用のルーター。
HUBのポートを見直したら、ケーブルがつなぎ方が間違っていた!
ここのルーターにはWANに入っていなければならないのにクライアント側のポートに刺さっていた。ポートを見ないで後ろに手を回してケーブルを交換したからだ。

ブリッジしたルーターから出たケーブルをWANポートに差し替えたら無事に解決したんだ!

なんと、この作業で一日(就寝まで)潰れてしまったよ。トホホな一日だった。

カテゴリー: インターネット タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。
このページの先頭へ