会社のデスクトップがどうにもこうにもフリーズ。
最悪1時間以内に2回も発生したりして、もう仕事にならない。

このマシンは、Windows7から10にupdateしたもの。前任者から引き継いだマシンなので、どのような条件下で行ったかも、直後にどのような不具合が発生したのかも全く不明。

各デバイスのドライバーも最新のものだし、Windowsはバージョンアップを重ねているし。レジストリだってccleanerでキレイにしてるしで、全くお手上げ状態なんだ。ディスクの修正もしてるけど問題なし。
メモリスロットを差し替えても駄目だったし。

残るは、chkdskの手段しか無いか。

そこで、chkdsk c: /r を始めました。

Windowsが終了し、バッチでチェックディスクが始まりました。
そしたら、10%から先に進まなくなった。1時間まっても10%。これはやばいことになったかも?
ネットで調べてみると、よくあることだとか。HDDのアクセスランプが付いているから作業は行っているのだろう。
もう少し様子を見ることにしたんだ。
かれこれ2時間近くなって、偶然にも突然100%まで進み、見事に再起動がかかりWindowsが立ち上がった。
ログを見る暇もなかったので、どこが修復されたか不明だったけど。

chkdsk c: /r は2時間見ておいたほうがいい。慌てずに待つこと。強制終了するとHDDが壊れて起動できなくなる可能性が大きい。

しかし、、、フリーズが治ったわけではなかった。今日もまたフリーズが発生。

もうやっぱし、メーカーが対応していなかったと思うほかない。もう、マイクロソフトもDELLも、よくもまぁこんなPCを世に出してくれたな!この古いPCはWindows7で良かったじゃん。何で10を推奨するんだよー。

そして、シャットダウン直前になぜかWindowsのupdateがかかり自動で再起動がかかった。これでフリーズが解消されるか?
例のメルトダウンかスペクター対策かもしれないし。

次の出社日に期待する。