2019年8月までAndroidとiPhoneの2台持ちだったんだけど、9月になり2年縛りが終了したのでさっさとiPhoneを解約したんだ。

スマホを持っているユーザーはほとんどがiPhoneでAndroidユーザーは3割位しかないかもしれない、僕の周りではこんなイメージ。
解約したiPhoneではWiFiが使えるのでそのままiTunesプレーヤーとして使い続けているんだ。アプリもWiFi圏内なら使えるので不便はまったくない。

で、通話も含めてメインはAndroidなんだけど、最近バッテリーが一日しか持たなくなってきた。これではまるでAppleWatch状態。
そこで、MacユーザーでもあるのでiPhoneに変えようかと考えたんだけど、どうしても機種変更できない理由があるんだ。

それは、GooglePay。

電子決済ではないんだ。電子決算ならAndroidだってiPhoneだって同じ条件。でも、このGooglePayのパス機能が便利すぎるんだ。
パス機能とは、お店の会員証が登録できる機能。
バーコードがついてるお店の会員証ならすべて登録できる。GooglePayに手元の会員証のバーコードをスキャンさせるだけ。登録されているオフィシャルなお店(チェーン店など)は登録と同時にデザインもそのお店のものに自動で変わる。オフィシャルでない会員証でも、バーコードを読ませた後にお店の名前を入力するだけでOK。
これで、お店の会員証で財布が膨れる心配は皆無になった。なんて便利な機能!
iPhoneならいちいちアプリをダウンロードして会員証のバーコードをスキャンして登録しなければならない。

さらにこれだけだったらAndroidもiPhoneも変わらないけど、AndroidのGooglePayの凄いところは、そのお店に近づくと自動で会員証が通知として表示されること。例えば、ドトールでコーヒーを飲もうとドトールに入るとスマホの待受にドドールの会員証バーコード(僕はチャージ式のバリューカード)が表示されていて、レジでいちいちアプリを開く必要が無いんだ。
ローソンに行けばPontaカードが、マクドナルドに行くと楽天ポイントが、イケアに行くとイケアのファミリーカードが表示されている。

な、なんて便利!

この機能がiPhoneのウォレットにあるかと友人に尋ねるとわからないと言う。クレジットカードを登録して電子決済できる、って言ううけど、そんなのAndroidだって普通すぎる。
auのスタッフに聴いたらやっぱしこのような機能は無くて、お店ごとのアプリをダウンロードして、お店でそのアプリを起動して会員カードを表示させるらしい。
それじゃ、アプリのない小さなお店なら登録できないじゃん。それで、いちいちレジ前でアプリを起動だなんて、正直めんどくさい。
まあ、会員証(ポイントカード)を一括管理するアプリがiPhoneにはサードパーティであるらしいけど、オフィシャルアプリで無いから気持ちわるい。

このGooglePayのパスカード機能があるのでiPhoneには乗り換えられない。
しかも、僕のAndroidはNEXUSの5Xと言う、もう昔の機種。Androidのバージョンは8で止まってます。

でも、バッテリーが….。