え~っと、Windows10のバックアップの方法には、次の2つの方法があることがわかったんだ。

1.スタートメニューー設定ーバックアップオプション
2.コントールパネルーシステムとセキュリティーバックアップと復元

で、バックアップはどちらを使えばいいの?どっちも使っていいの?って疑問。
Windows7までのバックアップ方法は上記の2の方法しかなかった。
なぜ2つもバックアップ方法があるのか?

ネットで調べても明確な答えを見つけられなかった。

ネットでの情報を見て推察した結論はこうだ。

1)の方法は復元ポイントを含んだ丸々バックアップ
2)の方法は更新ファイルのみのバックアップ

つまり、バックアップは両方必要だと思う。
これが正しいのかはわからないが、Windows10のUIによるバックアップの設定とWindows7まんまのUIによるバックアップの設定と全く違うUIと合わせて2つもあり、紛らわしい。
どっちかに統一したらどうだ!
なんでWindows7時代のUIがあるのか、理由がわからない。

Appleだったら、こんなオンボロなUIはリリースしないだろう!